1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mura49さん

ルーティンワークとは

ここで注目したいのが「毎日行う事」。前回ご紹介したメンタルトレーニングの一つである「呼吸法」も、ポイントは「毎日行う事」でした。習慣づける事、つまり「ルーティン」なのです。「ルーティンワーク」は様々なスポーツ選手が行っています。有名なのはイチロー選手。あのバッターボックスでの一連の動作はイチロー選手の「ルーティンワーク」の一つ。金井先生は「以前失敗したからと言って、試合前に動作を変えると、どんどん混乱してしまう。こうしたゲン担ぎは止めて、一連のルーティンを確立しているのが良い選手」と分析しています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ステファン・カリー

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステファン・カリーが試合前の練習にルーティンとして行っているドリブリングを特集した動画です。
この動画を見ると、試合前の準備の大切さが一発で分かります。カリーは毎回相当高いレベルでウォーミングアップメニューをこなして、準備をしています。
ドリブル、ハンドリング、シュート主にこの3つを徹底的に確認練習を行い、試合に挑んでいるからこそ結果も出せるしMVPにもなるわけです。
http://www.rokyu.net/user_diary_single.php?diary_id=4721

精神面の弱さを克服するため、NHKの企画でメンタルトレーニングの第一人者、東海大体育学部の高妻容一教授のもとを訪ねた。同場所の映像を見返した結果、勝った時と負けた時で立ち合い前の動きが違っていたことが判明。快勝したときの動きが、琴バウアーにつながった。高妻教授は、その点を指摘。さらに、平常心を保つために意識して深呼吸する方法などを指導した。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/01/25/kiji/K20160125011917580.html

必ず左足からリンクに入る。練習最初のウォーミングアップ、浅田真央選手は決められたパターンを他の選手よりも長く、時間にして少なくとも5分以上行います。最初は前進、後進の周回、同じく左右交互の足で滑るジグザグ滑走。そして最後は、前進でのサークルを描く高速滑走を左右周り、同じく後進で左右周りを行って終わり。このサークル滑走は100%の力で滑る。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22157488

イチロー選手の試合中におけるルーティン化はよく物まねなどで行われている。
 この一連のイチローのルーティンには、ひとつの特徴があることに気付くかもしれない。
 このひとつの特徴とは、「非常にゆっくりと」ルーティン動作がこなされていくという特徴である。
 私が見る限りイチロー選手がネクスターズバッターサイクルからバッターボックスに入り、静止して構えるまでに実に17種類のパフォーマンスルーティーンが確認された。
http://routine.ssp-search.com/0004.html

あのレアルマドリードのクリスチアーノ・ロナウド選手は、フリーキックを蹴る前に、5歩下がって、仁王立ちするように構えます。
彼曰く、5歩下がって仁王立ちすることで、集中力を高めるためのルーティンワークだそうです。
http://ameblo.jp/oqt10/entry-11273395902.html

人類最速の男、ウサイン・ボルトは走る前に頭をなでてダンスするような儀式を行ったり、胸で十字架を切るポーズをします。

棒高跳びの女王はバーを見据え集中力を高めるために呪文を唱えるようにつぶやきます。

出典ameblo.jp

内村航平選手は、跳馬の前に両手を前に差し出すポーズをします。美しい着地をイメージしてのものだそうです。

日本女子バレーの木村沙織選手も
レシーブミスが目立っていた頃
監督からのアドバイスで
相手がサーブするときに、
レシーブする手の形を何度も繰り返すことを
習慣として取り入れました。
http://muchunoshukan.com/?p=2246

素振りを2から3回した後に
後方から方向を定め、静止状態から動き出し(このときからスタート!)
アドレスに入りインパクトの瞬間(ストップ!)まで
だいたい14秒から14.2秒くらいが多い。
http://ameblo.jp/playgolf/entry-10816395131.html

ピッチに入るとき手を地面につけて、その後口に持っていく動作をします。

自分がミスった時、かならずうなずきます。

右手で牛の角の形を作り(テキサス・ロングホーン)「ウィー!!」という雄叫びをあげる。

打球動作の前に、飛ばす方向を2回見る。

バットの芯を見つめながら 右の股関節をはめ込んで ギューーー 左の股関節もはめ込んで キュ 軽くジャンプしてポン このルーティンがうまくいってるようですね。
http://metoo.seesaa.net/article/420896873.html

Cロナウド選手の フリーキックの方法を 説明したいと思います。
Cロナウド選手のルーティンは ボールをセットして 右足から後方に4歩、そして 僅かに左に1歩。
ボールに対して ほぼ 直線的に
仁王立ちの ルーティンをします。
https://pt-pt.facebook.com/taitsusenseipage/photos/a.699577646738939.1073741827.195232243840151/807689529261083/

ナダルは試合中に、かなりのルーティンを行っています。

こちらの動画では、コートチェンジ間の休憩からポイントを開始するまでにナダルが行っている、下記のようなルーティンがまとめられています。

1. 飲料ボトルはブランド名をコート側に向けて地面に立てる

2. ラインは踏まない。必ず右足からまたぐ

3. 靴下の位置を直す

4. パンツの位置を直す

http://hotshot.jp/enjoy/9161

1