1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

5月5日「子どもの日」は、1951年5月5日に児童憲章が制定されたことを記念したものです。憲章の第10条には、「すべての児童は、虐待・酷使・放任その他不当な取扱いからまもられる」とあり、これは2000年に制定された児童虐待防止法にも引き継がれています。このように、わが国は、半世紀以上にわたって、子どもへの虐待やネグレクトを禁止してきました。

しかし、子どもへの虐待は、むしろ増え続けているように思われます。先日、神奈川県相模原市で、中学生の男の子が両親からの虐待を苦に、自殺を図り、本年2月に死亡したことが報道されました。児童相談所は、学校からの通告で、男の子が両親から暴力を受けている事実を把握していました。また、男の子は「施設で暮らしたい」と、自ら児童相談所に保護を求めていました。しかし、児童相談所は、さしせまった危険性はないと判断し

児童虐待に関わる「親の問題」としては、まず育児ストレスや育児ノイローゼがあげられます。育児ノイローゼの原因としては、配偶者や周囲のサポートを受けられず、母親が1人で子どもと向きあいつづけることになる「密室育児」が関係しているといわれていますが、これには近年における核家族化も影響していると思われます。

少子高齢化が進行している現代においては、児童虐待防止の意味でも、このように地域で子どもを見守り、保護者が子育ての悩みを気軽に相談できる「コミュニティづくり」は重要な課題といえそうです。

児童虐待の増加に伴い、児童相談所が保護した子どもを短期滞在させる「一時保護所」の収容力が各地で限界に近づき、

定員を15~25年にいずれも約5割増やしたが、虐待対応件数は東京都が2・5倍、千葉県は5・7倍に激増した。

東京の施設は入所者の定員比が25年4月から1年間で106~136%(月平均)、千葉は100~150%(毎月1日段階)だった。虐待からの保護は緊急を要するため、定員を超えても受け入れざるを得ない事情が背景にある。

【#社会】脱衣所や相談室で寝るケースも…虐待増で子供施設の収容力ついに限界 ピーク時定員150%も  東京都が運営する一時保護所の一室(都提供)  児童虐待の増加に... qw.ee/FqQ4 pic.twitter.com/R06jHXnK90

此奴もこんな馬鹿だとは思わなかったな❗️ 自民党議員は全て国民の天敵。 ⬇️ 近所づきあいは煩わしい? 児童虐待の社会的背景 - ログミー smar.ws/Jevww #スマートニュース

札幌児童相談所、男児を保護せず 虐待通報に「けが軽い」と判断 - スマホ版 - 47NEWS(よんななニュース) 病院からの通告だったのか。緊急受理会議の結果が緊急性なしだったのか。保護者との面談は何回?養父と母と別々に面接した? 47news.jp/smp/CN/201509/…

1