1. まとめトップ

【テスト】頭がいい人はやっている!試験で効率よくいい点をとる方法

学校の試験や入試、資格試験など、どこでも使える方法です。天才じゃなくても、頭がいいと言われる人は努力でカバーしてます。効率よく努力することで、ほとんどの人は良い点が取れるはず。まずは試してみてください。

更新日: 2015年09月23日

RiiiNyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
99 お気に入り 178117 view
お気に入り追加

注意:まったく勉強しないで良い点をとるような方法ではありません

天才じゃない限り、勉強しなければ良い点はとれません。天才ではないのに成績がいい人は「秀才」とよばれます。

ここでは、秀才があたりまえにやっている勉強方法をおしえます。勉強しても良い点がとれないような人におすすめの勉強法です。

テクニック①:授業で「ここテストにだすからなー」と言われたとこにチェックをつける

先生が「ここテストに出るからな」といったところは、出る確率が高いです。テスト範囲はだいたい広すぎて全部はできないので、普段授業を聞いていないひともこの言葉だけは逃さず聞いてください。
この言葉を聞いたら、必ず教科書かノートにチェックをいれて、テスト勉強期間にそこを重点的にやりましょう。

授業中に先生から「ここはテストに出ます(or出ません)」「このあたりは念入りに勉強しておいた方がいいかもしれませんよ」などと言われることがあります。

こういう言動は「出るもの」を示すサインです。すぐにノートにメモを取っておく必要があります。特に、先生が問題を作成するテスト2週間前からの授業では、テスト範囲を聞き逃さないためにも、「ノートには、先生が重要だと言ったことも記入したほうがいい」と教えてあげましょう。

まさにですねー。
これ、先生の優しさというか、むしろ授業がどんなに嫌いでも、コレだけは聞いておくのが勉強しなくてもできるやつです。

テクニック②:問題集を最低3周、できれば5周する

問題が理解できなくても、覚えてしまえば良い点は取れます。「この場合はこの公式を使えばいい」など、とりあえず何をすればいいかわかる程度には繰り返し問題集をときましょう。理論はあとから自然と理解できることも多いので、点数をあげるだけなら問題集を繰り返し解くのが効率的。

3周は全問解き、できなかったところにはチェックをつけます。4,5周目はできなかった問題のみとけば完璧。

偏差値を上げるには、一冊の問題集をしつこく、ねちねち繰り返すのが効果的です。目に見えて学力の向上が感じられる事も多いかと思います。

ねちねち。
大事ですね。
目の前の問題集の問題を全部覚えて、問題にならないレベルになったら新しい問題集を買っていいです。

自分のコレと決めたテキスト・参考書一冊と問題集一冊に徹底的に徹底的に取り組みましょう。一冊がボロボロになるまでは、他のテキスト・参考書・問題集は使わないと誓い、これに徹底して取り組むのです。何度も繰り返せば知識は定着してきます。つまり、「使える知識」になるということですね。

答えを見なくても答えを覚えられるのは、自分の中で知識が定着した証拠。
そこまでいってはじめて、時間がたってから「知識」になってくれるのです。

テクニック③:基本問題は絶対とけるようにしておく

先生からすれば、この基本問題は点稼ぎのために出題しているようなものです。だいたいのテストは、基本問題さえ解けば赤点にならないようにできてます。
とにかく少しでも点数をあげたいという人は、基本問題だけに集中するのもありだと思います。

沢山の問題を解く練習は大事ですが、注意すべきことはあれこれいろいろな問題に手を出さないことです。基本の問題を例えば20題、完璧に正解が出来るまで反復練習し問題から解答まで何も見ずに書けるように覚えてしまうことが重要。それができたら簡単な応用問題を20題、というようにします。

応用問題は、基本問題の組み合わせでできています。
だから、基本問題がとけないのに応用問題に手をだすなといわれるんですね。

試験で合否が別れるのは,標準問題が解けるか否かです.応用問題が合否のボーダーラインになることはほとんどありません.つまり,標準問題を確実に解けるようになれば,試験の点数はある程度期待できると言えます.

標準問題だけで、合否は決まります。
こんな基本的な問題を落とすようなやつはダメだ、ということですね。
逆に言えば、基本ができていれば、応用問題はそこまで影響はしないのです。不思議ですね。

1点でも取りこぼさない様、イージーミス、ケアレスミスをしない事。特に最初の基本問題は確実に得点する事ですね。

基本問題は点取り問題とよくいいますよね。
むしろココでとらないでどこでとるんだ、と。

テクニック④:自分が解けない一番低いレベルが出ることを覚えておく

基本問題が解けてくると、応用問題が少し解けるようになってきます。頭のいい人が山をはるのはココ!!
基本問題を理解できるレベルで解けない問題のうち、一番低いレベル(超難題ではないもの)がでる可能性が高いです。
先生だって、難しすぎる問題は解けるとは思っていないし、応用問題を解けるようになってほしいと思っているはずなので、だいたいそういう問題がでます。

僕が「先生がどんなテスト問題を出すか?」を予想していたのも、「予想が当たること」を目標にしていたわけではないんです。本当の目標は、「先生の癖を読んで、テストの予想を楽しむこと。どんな問題が出るかを想像しながら、“予想どおりになるかな~?”とワクワク・ドキドキすること」だったんです。

テクニック⑤:絶対に空欄のままではださない

出典ameblo.jp

適当でもいいんです。たまたま当たれば儲けもの。とりあえずなにか書くことが大事。私も入試のときにたまたま書いた答えがあたっていたりしました笑

記述問題であれば、途中点で稼ぐ作戦も、頭のいい人はよくやっています。空欄があればとりあえず埋める!これは鉄則です。

入試で絶対にやってはいけないのが、解答用紙に空欄をつくることです。これをやってしまってはまず合格はできません。

空欄は、試合放棄と同義です。
チャンスを自分から手放すなんて絶対だめ。

何でもいいから埋めようとしたときでも、人間できれば正解に近づけようとするのでいろんなことを考えます。正解を導くためにいろいろ思考するのです。

正解に近づけようと頑張る過程で、ひらめきが生まれるのです。
そもそも解く気がない人に、ひらめきなんて起きません。

そんな皆さんに、今から習慣にして欲しい事をお話します。それは「空欄を作らない事」です。わからない。という理由で空欄を作る生徒をよく見かけますが、何でもいいから何か書いて欲しいのです。

理由はとても単純で、少しでも点数を稼ぐためです。例えば、○か×で答える問題が1問5点で20問あったとしましょう。その全てに適当で回答した場合、正解を答える確率は50%。つまり普通なら50点取れる計算になります。運がよければそれ以上も狙えます。そして0点を取る確率は低いです。しかし、わからないから空欄にした場合、絶対に0点になります。それ以上は有りません。100点中50点と0点。知識の量に差が無いのに、点数にこれだけの差が出てしまうのです。

「空欄をつくらない」というのはもはや気合い。
でも、その気合だけで、正答率がけっこうかわってくるんです。
間違ってても、空欄以下にはならない。むしろ、書くことでプラスになる可能性が高くなるだけ。
だったらもう、書くしかないですね。

何をやっても点数があがらないなら、この5つのテクニックを実践してください

点数があがらない人には、めんどくさくて問題集をやっていなかったり、授業中の先生の言葉を聞いていない人が多いです。
良い点を取る気があるなら、無駄な方向に力をいれるより、まずはこの5つのテクニックを試してみてください。

1





RiiiNyさん

気になったものをはしからまとめていきます。