1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

dekodog7さん

夫に嫌悪感を抱き、性生活など考えられなくなる。女性の出産後に訪れることのある夫婦の危機だ。テレビ番組で“産後クライシス”と名付けられたのを契機に、ここ2、3年、雑誌で特集が組まれるなど関心が高まっている。一定期間を過ぎれば元に戻るケースも多いが、深刻なケースでは妻がセックスを拒否し続けて離婚につながる場合もあるとされる。待望の赤ちゃんに恵まれ、幸せいっぱいのはずの夫婦に何が起きるのか。

「産後クライシス」は、さまざまな要因によって複合的に引き起こされている。ホルモンバランス、体調不良、子育てに対する不安、ライフスタイルの変化など、心身両面でのさまざまな原因によって引き起こされている。
母乳の分泌を促進するプロラクチンというホルモンには、「敵対的感情」を煽る効果があることが知られている[3]。
産後クライシスのひとつの原因として、NHKのスタッフからは、出産後の妻が、子育てや家事への夫の関与について、強く不満を抱くことになりやすいことが指摘された[4]。岡野あつこは、2010年ころから育児を厭わない「イクメン」という広く認知されるようになったこと、(それによって、ついつい「それが当然」などと思い込んでしまって、感謝を失ってしまったことが)妻側の不満を増す原因になっているとも指摘している[5]。
日経dualの記事では、産後クライシスの原因が、夫の育児、家事への関与、無理解のみを原因とするのは、NHKの恣意的なデータ解釈で誤りだ、と指摘している。[3][6]。同記事では、夫の育児、家事への関与の多寡に関係ない、と指摘されている。そのため、いくら夫が育児、家事をどんなにがんばっても、産後クライシスが起こりうる

1