1. まとめトップ

ネトウヨが自民党工作員だった事実が判明!バイトの大量動員でネット対策 #自民党

ネトウヨが自民党工作員だった事実が判明しました。アルバイトを大量動員してネットの対策をとっているという事がNHKなどで報道されました。自民党に批判的な書き込みをすると、反論・攻撃を行ったり、削除要請をするそうです。

更新日: 2016年12月16日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
24 お気に入り 186390 view
お気に入り追加

ネトウヨ=インターネット右翼

インターネット上で過激な書き込みをする人をインターネット右翼=ネトウヨと表現します。

◆自民党が作る「ネット対策チーム」

今日のNHKニュース9の特集はネット選挙だったが、自民党が恐ろしい事をしている、つまり「自民党が既にネット工作業者に依頼し自民党候補者に悪口などがBBSにあれば削除や反論する。

中傷などを見つけた場合は、ネット上で反論したり、プロバイダーに書き込み削除を求めたりする。

自民党を支援する為にネット上に自民党に有利な事を書き込みまくるのだそうです。前身が『チーム世耕』と呼ばれるネトウヨ。

彼らの活動はたんに自民党を称賛するだけでない。ネット上で対立候補や他党に対するネガティブキャンペーンを張る中心的存在となっているという。

◆インターネットの書き込みをチェックして反論

NHKの報道によると、専門の業者にチェックを委託しているのだそうです。

Googleの検索で上位に出てくるかどうかなどをすべてチェックしているという事です。

自民党に不利になる事が書き込まれていないかどうかを監視するのだそうです。

問題がある書き込みを削除していくという方法をとっています。

『有志』の会員が勝手にその候補者に対してネット上で匿名の批判を浴びせたり、ネガティブキャンペーンを展開してくれるという

◆自民党・平井氏がネット対策の指揮をとる

参院選の公認候補全員にタブレット端末を貸与し、調査データをもとにしたリポートを連日配信するという。

NHK「また短い選挙期間中に批判が集中する、いわゆる炎上という事態になれば候補者は大きな打撃を受けかねません。

◆党をあげてネトウヨを育成

小池広報本部長によれば、党をあげてネトウヨを育成しているのだそうだ。小池広報本部長も重要な役割を果たしていました。

立候補者らがアカウントを持つFacebookやTwitter、ブログのほか、2ちゃんねるなど一般の掲示板も分析、監視の対象にしています。

自民党の皆さんがパソコンを広げて、全国の自民党に対するインターネット動向などを確認ミーティング。

【自民党のネトウヨ代理機関】
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションのソーシャルリスニング
(情報収集・分析)。
http://www.nttcoms.com/page.jsp?id=2032

ガイアックスが自民党に納入したソーシャルメディア投稿監視サービス。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000003955.html

自由民主党の参議院議員選挙でネットを活用した選挙活動を推進する特別チーム「Truth Team(T2)」において、候補者の政策や意見への有権者の反応を把握するために「SLCソリューション」をご利用いただいています。把握した結果は候補者にレポートされ、機動的な選挙活動やネットでの情報発信に活用されています。

国民の税金である『政党交付金』などを使ってネット上で国民を監視しているという事です。

◆自発的ネトウヨも少数ながら存在か

1 2





misukiruさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう