1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

北斗晶さんが乳がんを告白‥早期に「乳がん」を見分けるサインとは?

元女子プロレスラーでタレントの北斗晶さんが23日、自身のブログで乳がんであることを告白しました。乳がんは、早期発見が重要とされています。

更新日: 2016年05月29日

157 お気に入り 679305 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●元女子プロレスラーでタレントの北斗晶さんが乳がんであることを告白

元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(48)が23日、自身のブログを更新。

・ブログでは、診断された経緯や心境を赤裸々に綴っている

自身のブログを「【またね】と言わせて下さい」というタイトルで更新

「私は今、病院のベッドに居ます。昨日の夕方の生放送を最後に、本格的な闘病生活に入る事になりました。病名は…乳癌です」と公表。

「私としても青天の霹靂で、この数カ月、 乳房を全摘出しなければならないという結果に心が付いていけず…」と心境を吐露

「愛する子供達の白髪の生えた顔が見たい。パパと2人で、年を取ってもいつまでも手をつないで歩きたい。小さな夢のはずが、とてつもなく大きな夢になってしまった様に感じました」とつづっている。

・告知されたときは、他人事のような感覚だったと振り返った

右乳房全摘出に「あまりの恐怖とショックに初めて自分の事なんだと…泣きました」と明かした。

手術をためらっていると主治医から、「胸の事よりも今は5年先、10年先、生きることを考えましょう」と説得され、決意を固めたそうだ。

北斗は、毎年秋にマンモグラフィーやエコー検査を受け、ブログ読者にも「検査に行ってみて下さいね!」と呼びかけていた。

・乳がんの宣告は、今年の7月だった

今年初め、右胸に痛みを感じ、春にサイパン旅行で出掛けた際、鏡に映った乳頭を見て、引きつっているように見えたという。

兆候はあったが、「その場で直視して触ってもシコリらしき感触はなく、年齢によるたるみなんだろうな~! そうとしか思いませんでした」という。

初夏頃に細胞検査を受け、7月7日に「がんの陽性反応が出た」と宣告を受けた。

・その後、検査を受け「右乳房全摘出」を勧告受けたという

その後、専門病院で血液検査、CTスキャンなどの検査を受けた結果、「右乳房全摘出」を勧告されたという。

「セカンドオピニオン」として別の病院で再検査を受けたが、結果は同じだったという。

・22日には東京MXテレビ「5時に夢中」に出演

1 2 3 4