1. まとめトップ
  2. 雑学

インクは残ってるのに書けないボールペンの復活ワザ

長く放置していると、インクはまだまだ残ってるのにボールペンが書けなくなるなんてことありませんか?そんなときに使える便利な裏技を紹介します。そのまま捨てちゃうよりはぜひ一度試してみてください。

更新日: 2018年09月16日

115 お気に入り 147803 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

インクはまだまだ残ってるのに書けない…orz

インコが出たり出なかったりする気まぐれなボールペンに翻弄されている

ボールペンのインクが出なくなるのを防ぐには、ペン先を下に向けていればいいのかな。

いや遅くなったのはだいたいボールペンのせいインク出なかったから仕方ない

ボールペンのインクたくさん残ってるのに書けなくなる…二度書きすると変になるし困る

インクは残ってるのに書けないのはなぜ??

ボールペンが書けなくなる原因は、ボールまでインクが到達していないか、ボールが固着してしまっているかが大半

ではインクを復活させちゃおう!

ボールペンを暖めるとペン先や芯の内部で固まっているインクを溶かすことができます。

ライターの火を近づけて温めるとインクが溶けて再び書けるようになる

ただし暖めすぎるとペン先が溶けてしまいます。直火なら一瞬だけ。あとは自己責任で。他にドライヤーの温風で暖めるという方法もあるそうです。

ティッシュを何度か折りたたみ、その上で優しく円を書き続ける

縦に振り続けることで、インクが寄って出やすくなります。隙間が多い場合はしばらく振り続けなければいけない

輪ゴムの輪の中にボールペンを入れ、輪ゴムの両端をもってぐるぐるねじります。手を離すとボールペンが反動でぐるぐる回ります。これを二・三回やると書けるようになります。

タバコを吸う方であればタバコのフィルター部分でボールペンの先端をグリグリとまわしてみて下さい。

ボールペンの先端を擦り合わせる事で、書けなかったボールペンが復活します。書けるペンのインクが、固まったインクを溶かす手助けに

こんなインク復活法もあるw

ボールペンの先を外側(タイヤ側)に向けてキレイにしたスポークにテープで巻きつけます。おもいっきり数分間ペダル(クランク)を回します

それでも書けない場合は諦めたほうがいいかも

ボールペンは重力を利用してインクを送りだすため、先端を上に向けた状態では筆記できない。水平以上の角度で字を書くと、だんだんインクが出なくなる。

インクの使用期限は約3年間となっており、長期間経つとインクに含まれている溶剤がとんでしまい固まってしまいます。こうなってしまうとかすれを直すことは難しい

落下等によりペン先に付いているボールに傷が入ってしまったら、芯を変えるしかない

インクを長持ちさせるには保管の仕方にも注意!

1 2