ハウルの動く城で勝手に家政婦として住み込んだソフィー。室内は非常に散らかっており、謎の『頭蓋骨』が飾ってあった。
そこに住むカルシファーは、ハウルとの契約に縛られており、自由になることを望んでいた。そこで、ソフィーにハウルとの契約の秘密を見破ってもらい、代わりにソフィーの呪いを解いてあげる約束をした。

ハウルは女ったらしであり、毎日女性を口説きに出かけていた。弟子であるマイケル(15歳)は、魔法の修行と尋ね人の接客をしている。・・・魔法薬を売って収入を得ている。

ハウルは、ソフィーの掃除のせいでハウルは髪色がおかしくなり落ち込んだ(映画同様)。ソフィーが話を聞くと、実は女性に誘いを断られていたのでひどく落ち込んでいた。
 
→そして、ハウルが口説いていた女性はレティーだとソフィーは知った!
(レティーはソフィーの妹で、中身はマーサである)

(ストーリー上の重要アイテム:頭蓋骨)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【原作解説】「ハウルの動く城」〈実はサリマンは男!マルクルは青年!〉

映画ジブリのハウルの動く城は、ジブリ作品の中でも大ヒットを記録した作品である。原作を知ると、映画の人物との違いや新たな登場人物、魔法グッズの登場など、今まで以上に「ハウルの動く城」を好きになるはず!!原作の内容全てを紹介します。

このまとめを見る