荒地の魔女にハウルの動く城の居場所が見つかってしまい、引越すことにした。その引越し先で、もともとは流れ星だったカルシファーとハウルの関係の秘密を知る(映画同様)。

新しい城の扉の一つは荒地の花畑につながっていた。現在、行方不明となっている魔法使いのサリマンが、魔女の力を弱めようと育てていた。行方不明になった後、ハウルが世話をしていた。

また、ハウルは犬の呪いに気づき、人間に戻してあげた。この犬人間は、ソフィーが呪いをかけられたとき、荒地の魔女と一緒にいたギャストンと呼ばれた若者だった!

ギャストンは人間に戻れたが、身体の部品が足らなかった..."他の人の身体"が混ざっていた。そのため、記憶も怪しく本名も思い出せなかった。

ギャストンは、荒地の魔女がハウルに呪いをかけるのを邪魔したため犬にされた。実は、ソフィーはレティーに間違われて呪いをかけられてしまった。

(ストーリー上の重要キャラ:ギャストン(犬人間))

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【原作解説】「ハウルの動く城」〈実はサリマンは男!マルクルは青年!〉

映画ジブリのハウルの動く城は、ジブリ作品の中でも大ヒットを記録した作品である。原作を知ると、映画の人物との違いや新たな登場人物、魔法グッズの登場など、今まで以上に「ハウルの動く城」を好きになるはず!!原作の内容全てを紹介します。

このまとめを見る