1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

iPhone が10万円越えモデル続々

docomoが避けた理由として10万円を超える割賦契約では審査が簡易なものから年収や世帯の構成状況など、項目が多岐に渡る審査を行わなければいけません。
そうするとこれまでよりも審査に落ちてしまう確率が上がり、SoftBankと契約できないユーザーが増える可能性があります。
今後iPhone 6,6 Plusの大容量モデルを分割契約する予定の場合は、過去にクレカ支払いの滞納などの履歴があると審査に落ちてしまう可能性があるため、心当りがある方は注意するようにしましょう。

クレジットで購入する場合、「支払可能見込額調査」が必要

但し、10万円以下の生活耐久財には審査しなくてよいとされている。

Q2.
少額な商品に個別クレジットを利用する際にも、支払可能見込額調査は行われるのですか?

A2.
もちろん、支払いの遅れなどを確認する通常の審査は行われますが、法律では、携帯電話などの10万円以下の生活に必要な耐久消費財を店頭で購入する場合などについては、クレジット会社は、支払可能見込額調査をしなくてもよいことになっています。

iPhone XS予約分届いたからSoftBank来たけど、パートだと買えないんだって。 割賦購入の審査、パート不可なら予約した時点で言って欲しい。 パート不可なのに説明無く予約受け付けるのも不思議。 店頭行って1時間近く購入説明して最後に目の前に商品置いて「お渡しできません」って。 言葉出ない。

iPhone XS MAX入荷したって連絡あったから行ったのに審査通らずwww あ、主婦だったの忘れてた。主婦はiPhone持てないのね。

1