1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

あるワイナリーが採算度外視で趣味でつくる日本酒が大人気!

長野にある小布施ワイナリーが、ワインづくりが出来ない冬の間に趣味で作っている日本酒があります。趣味とはいえ、採算度外視でかなりこだわりを持ってつくられています。生産量も少なく、かなりレアで人気のある日本酒のようです。

更新日: 2016年03月25日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
91 お気に入り 17118 view
お気に入り追加

長野に「小布施ワイナリー」という小さなワイナリーがあります

小さなワイナリーながら、栽培から醸造まで、世界レベルのクオリティをもつと評判のワイナリー。

小布施ワイナリーのあるワインはANAのヨーロッパ便、ファーストクラスでも採用されていたようです。

見た目は完全にワイン!

一見ワイン?
と思うかもしれませんが日本酒なのです。

瓶はシャンパン用、胴ラベルはワイン風、キャップは王冠と、どこから見てもワインですが実は日本酒です!

ワインづくりができない冬に趣味でつくっているらしい・・・

ワイナリースタッフが雪のため冬の時期ワインの仕事が出来なくなる。そんな合間に趣味で日本酒を造ってみよう、ってな酒なのである。

小布施ワイナリースタッフが冬季(剪定の合間)に、技術向上や自らのアンデンテティを探ることを目的に、趣味的生産量の高級日本酒のみを生産する部門です。

趣味とはいえかなりこだわってつくられているようです

全商品に長野県産「美山錦」のみを用いて、日本酒造りは農業という考えの下、酒のテロワールというブルゴーニュワイン的思想をストイックに追求した日本酒は、もはや趣味の酒造りの範疇を超え、珠玉の酒へと昇華されつつあります。

どうやら毎年少しずつ違う作り方にトライしておられる様子だし、量を作らないらしく、手に入れるのに本当に苦労するのが玉にきずだが、これは素晴らしい。

かなりマニアックですねw
だからこそ日本酒好きの心をも鷲掴みにして離さないのでしょうね

しかも採算度外視なんだとか・・・

値段はお手頃ですが、人気のため値段をつりあげて販売しているところもあるようです。

小布施ワインが採算を無視して造ったという日本酒。

生産量が少なく希少性が高いです

ワインメーカーが本気で極少量作り上げるSAKE!
生産量は約50石と正に幻!

しかも出荷時期が限られているので、店頭に並ぶや否や「売り切れ御免!」続出という人気のお酒!

小布施ワイナリーから発売される日本酒は毎年同じ銘柄が発売されるわけではありません。なので、まさに一期一会、今年逃したらもう飲めない!という希少性の高さが小布施ワインの日本酒の人気の高さの一因かと思われます。

酵母によってつくりわけられています

1 2





まとめるの、結構好きです^^
自分の興味のあること、
気になることを中心に、
ぼちぼちまとめていこうと思っています。