1. まとめトップ

結婚は、一生のパートナーを決める重大なイベント。

一生を添い遂げると誓った相手との
結婚生活。

「死ぬまでラブラブでいたい!」と結婚式当日には誰でも思ったはず。

しかし現実は、結婚生活が始まると毎日イライラしたり、愛情が冷めてセックスレスに至ったりという夫婦も少なくありませんよね?

◼︎離婚の最大の原因って?

その中で最も多い原因は何だかご存じですか?

答えはずばり“性格の不一致”です。

オーストラリア家族問題研究所によると、「理解してもらえない」「価値観が一致しない」「愛情が感じられない」「一緒に居ても孤独感がある」「感謝してもらえない」などが、性格の不一致の正体だとか。

離婚は結婚するときより大変…。

離婚の時はお互いの持っているものを分けていくので、かなりやっかいになります。

結婚の時は二人で暮らしを始めるということで、お互いのお金や物を持ちよるので、まさに正反対になりますね。

たとえ、円満な離婚だったといても、心身共に疲れ果てているのが現実です。

そして、多くの人が「もう、幸せになれないんじゃないか」と見えない大きな不安を抱えてしまいます。

◼︎夫婦のラブラブをキープする日常の秘訣4つ

ずっとラブラブでいるための
コミュニケーション術♡

1.一日の様子を尋ねる

ラブラブ夫婦は意識せずとも自然な会話ができるもの。
でも、「実は、夫の間に会話がない……」と悩んでいませんか?

夫が帰ったら、まずは優しく「おかえり、今日はどうだった?」と尋ねてみましょう。会話の糸口はたわいのないところから生まれるもの。それに、声をかけてもらって嬉しくないわけがありません!

2.二人だけの習慣を作る

ラブラブ夫婦の間には、他人には入り込めない絆があるものです。
すぐにできるものではありませんが、毎日の生活の中で、2人だけの生活習慣や言い回し、ジョークなどを作り上げていきましょう。そのうち「他の人といると調子が狂う……」という気持ちになったら、しめたものです。

3.一緒にエクササイズ

エクササイズをすると基礎代謝・エネルギーがアップ。
2人で一緒にエクササイズを続けることで、連帯感も深まります。
毎朝のジョギングやウォーキングだけでなく、たまにはハイキングなどにもチャレンジしては?

4.定期的に2人だけで出かける

子どもができるとすべてが家族単位になり、2人だけの時間が減って、そのうち夫婦間にすきま風が……。
調査によると週1回デートナイトを実践するカップルは、しないカップルよりも結婚の満足度が高く、性生活の満足度が3倍高い結果が出たそうです。

たまには子どもを親に預け、ドキドキする2人だけの時間を過ごすのはラブラブムードを保つ秘訣なのです。

夫婦にはお互いがお互いに「歩み寄る努力」が大切。

ぶつかるのは当然です。

ずっと仲の良い夫婦と、ダメになってしまう夫婦は
お互いが「歩み寄る努力」が
できるか、できないかの違いでしょう。

いくら愛し合う夫婦といえど、結婚生活を幸せに持続させるためには、努力が必要。

「夫の仲は冷え冷え」という方、相手が変わるのを待たず、まずは自分で小さなところを変える努力をしてみてくださいね。

1





m.strong.9さん

このまとめに参加する