1. まとめトップ
6 お気に入り 11100 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiepitaさん

のどかでキレイな海が広がる「ブルターニュ地方」

ブルターニュとは

かつてはブルターニュ王国、そしてブルターニュ公国という独立国だったが、1532年にフランスに併合され州となりました。

フランス北西部に位置する

日本の岩手県と秋田県を合わせた面積に相当する広さ

パリ・モンパルナス駅からTGVで約2時間で、ブルターニュの首都レンヌへ。

チェックしたい街々

パリからTGVで2時間、空路でも楽にアクセスでき、ブルターニュの海岸や主な観光地から1時間足らずのレンヌ。2000年の歴史とブルターニュ高等法院によって保護・修復された文化遺産の豊かさと、6万人の学生の若い活力にあふれた街。

英仏海峡を望む港町「サンマロ」。
12世紀頃から築かれたという高い城壁に囲まれた旧市街には、古い石造りの建物がたくさん残っています。17世紀には、フランス国王から他国の船を襲うことを許可されていた公認の海賊たちコルセールが、ここを拠点に活動し、彼らのおかげで、フランス有数の港町として栄えたそうです。

参考http://goo.gl/JFB9OQ

バカンス気分に盛り上がる小さな港町キブロン。海岸、港、カフェ、おみやげ屋さんが立ち並びます。港からは、美しき島という意味のベルイルまでフェリーで渡ることができます。
【ベルイル】
参考http://goo.gl/PyrWM2

見所や名物は?

「海」に関する有名なものが多い

エメラルドの海岸、ピンク花崗岩の海岸、険しい断崖が連なる海岸線と緑の島々が点在する海。

世界のシェフ御用達の「ゲランドの塩」で有名なように、良質な塩の産地です。

他の地方やヨーロッパの大部分とは違う有塩バターが特徴で、料理の味付けや、デザート・菓子類の特徴となっています。ゲランドは、ロワール・アトランティック地方に位置しますが、ブルターニュの文化を色濃く残す地域。世界に名高い塩の名産地です。

良質な塩と豊かな土地柄から作られた有塩バターは一品のようです。有塩バターで作られたお菓子も有名のようですね。

タラソテラピーは”海水療法”という民間療法。
ゲランドの塩は、同じく美しい地中海の塩と比べても水に溶解しやすく、すぐに体内に吸収されるため、ダイエット効果が高いともいわれています。 ゲランドの自然海塩には海水に含まれているミネラルがすべて含まれています。

こんな海藻いっぱいの海岸もありました。さすがブルターニュ!!て感じですね。圧巻!!ブルターニュはタラソ(海)テラピーでも有名ですよね~

ブルターニュの名物といえば”海の幸”。

・生の夏牡蠣
・茹でたラングスティン(langoustines 赤座海老)
・茹でたビゴルノー(Bigorneau 海のエスカルゴ)

▼海の幸の参考
http://goo.gl/fk3Xbp

ブルターニュ地方は、オマール海老のように、魚や海老、カニなどの質の良さで有名

謎の「巨石」

まだまだよくわかっていない巨大な石群。なんと数千に渡って整列していると言われています。

数千年以上前(新石器時代)、人間の手によって造られたんだそうです。分かっていることはまだ少なく、当時の人々による「宗教的なモニュメント」としての見解が強いそう

りんごも有名

ブルターニュは、ワインがありません。雨が多すぎ、ぶどう栽培に適した地域ではないからです。それで作られたのがりんごのお酒!

1 2