1. まとめトップ

米軍の海兵隊が沖縄である必要はほんとうにあるの?

普天間飛行場の移設問題で辺野古基地建設の賛否に揺れる沖縄。新宿〜八王子間しか距離がない普天間〜辺野古への移設ですが、本当に沖縄県内にどうしても移設しなければならないの?絶対に沖縄に基地がなければならないとしたら、その理由はなに?3つの動画をもとに、関係者の証言などから探ってみました。

更新日: 2016年06月03日

akubikinakoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 13489 view
お気に入り追加

沖縄に海兵隊の基地って本当に必要?疑問の声が多いので三つの動画から「沖縄である必要があるか?」という視点に絞って事実や関係者の証言を拾い、探ってみました。

「海兵隊の役割は我が国(アメリカ)のために遠征軍としての準備をすることだ」

なるほど。自国の有事の遠征のための海兵隊、という位置付けでしょうか。

沖縄県内にある米軍基地(米軍が使用する日本の自衛隊演習場を含まない在日米軍基地の74%)のうち、75%が海兵隊の基地。

しかし海兵隊など米軍人の犯罪により岐阜をはじめとする基地反対運動が激化。

「婦女暴行や殺人、私の知ってる学校の先生も結果的には泣き寝入り。家に帰る途中で畑へ連れ込まれて・・・」

1956年12月 米国務省の極秘文書
「米軍基地の存在を目にとまりにくいようにして、反基地感情を減らすべきだ」

ここでいう、「目にとまりにくいようにして」というのが沖縄への移転ということだったのでしょうか。

1961年12月ケイセン調査団報告書
「現在の日本政府は沖縄から米軍を追い出すことを望んでいない」
「政治問題を生じさせずに日本の安全に貢献しているからだ」

「日米双方とも基地を不可視化するために沖縄に言葉は悪いけど閉じ込めておく」
「抑止力という観点から地理的に沖縄ではなくてはならないというのではなかったと思います」

1956年以降の沖縄への基地移転は抑止力という理由ではなく、本土の反基地感情による「基地の不可視化」のためのものだった、と。

「世界の他の場所でもこの訓練はできるだろう。ただ私にはどうするべきか言えない。大きすぎる問題だ。非常に大きな問題で答えは政治家がするものだ」

朝鮮戦争時の本土の米軍基地の反基地感情から当時アメリカの統治下だった沖縄に集中し、海兵隊の司令官も「世界のどこでも訓練はできるが、なぜ沖縄にあるのかというのは政治的な問題」だと捉えている、ということですね。つまり訓練が高江ややんばるの森でなくてはいけない理由というのはないわけですね。

ぼくらが見にいく!在日米軍基地 沖縄に行ってきた!(動画は現在非公開)

続いて、大学生が政治家たちにインタビューしたこの動画で関係者の声を拾ってみようと思います。

(まとめ主より)参考にした動画は現在非公開になっており、リンクもこのまとめで非表示とされています。このように注目が浴びてきた時期に非公開となったことも含め、下記内容よりこの問題について考えるご参考にしていただきたいと思います。

※以下、画像はこの動画より引用

「日米両政府でこれは返還しなければならないと言われたのが18年前」
「そのまま放置し継続・固定化というのは宜野湾市長として絶対あってはならない」

アメリカ国内にあったら違法で即時撤去となると言われている世界一危険な普天間飛行場。これに異論のある県民は少ないと思います。

(学生)
「基地が移設されることになった際に、移設先の意見、またそこの住民が負うことになる負担に関してどのように考えていますか?」

(佐喜真市長)
「私どもが仮に移設先が決まったとしても私たちが言うべきことではないだろうし、政府が基地負担軽減、危険性除去これをいくばくかで解決するということからすると、移設先に対してしっかりと説明していただきたい」

あくまで宜野湾市の負う負担軽減について市長として責任があり、その先はどこであるのが望ましかなど「言うべきことではない」政府に責任がある、というスタンスのようです。

「(沖縄であるべきという)その重要性という、大きな理由が米軍のプレゼンスによる抑止力と、プレゼンスに対して一番適しているという地政学の有利性というものを最大の理由にしてきたんですね。」

「でも先の森本防衛大臣は「軍事的には何も沖縄である必要がない」と「政治的に沖縄がベストなんだ」というようなことを、大臣の時にそう言った。そしてまた軍事専門家でもあると。ということからすると、それは真実なんだろうなと」

「それからすると、国が言ってる重要というものは、もう根拠は破綻していると言わざるを得ないですね」

(学生)
「政府が沖縄に基地を留めたいと考えてるその意図っていうものはどのように考えてると思いますか?

(稲嶺市長)
「差別だと思います」

キッパリおっしゃいましたね。

「沖縄にいる米軍基地の7割、ほとんどがアメリカ海兵隊が使っている米軍基地なんですね。その海兵隊をみると、移動手段がないんですよ。だから何かがあった時には、佐世保から船を待つか、あるいはアメリカ本国から飛んでくる輸送機を待つしかないんですよ。」

「政府はよく地位的優位性だとか言って沖縄に基地を集中させておく正当性を主張していますけども、それは根拠のない話だということは沖縄の基地の具体的な機能的な部分をちょっとだけ見てみるだけでもですね、それはわかることなんですよ」

「沖縄に駐留していなくても十分機能するわけ。例えば九州にあっても全然変わらない。」

「むしろオスプレイという足の長い飛行機が配備されてるわけですからなおさらなんですよ。」

「じゃあなんでちゃんとした議論ができないのかっていうことなんですよ、なんで沖縄にばっか押し込めておかないといけないのかっていうと、これは僕が取材してわかったことは、」

1 2 3 4





akubikinakoさん