1. まとめトップ

本当に美味しい日本ワインは、沢山ある!今、日本ワインが世界でも注目を集めている!

今、世界から注目を集めている日本ワイン。本物の美味しい日本ワインと出逢える。

更新日: 2015年10月22日

1 お気に入り 1574 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cappuccino58さん

◆実は国産ワインと表記されているワインのほとんどが輸入!!

国産ワインは「原料が日本産か海外産かに関わらず、日本で製造・販売する全てのワイン」を指す。さらに使用した果実の全部又は一部がブドウであればよい。ちなみに瓶詰めすることも製造したと見なされるようだ。

国産といえば安心・高品質の代名詞ですが、ワインに関しては事情はまるで異なります。
日本の法律では、醸造した国が生産国なのであり、ぶどうが生産された国は関係ないのです。

▼しかし今後、日本のワイン法が改正されます!

純国産ワインの新しい名称は「日本ワイン」となる見込み。純国産ワインについて、これまで業界ではサントリーが2010年に「にほんワイン」、メルシャンが2012年に「にっぽんワイン」と、メーカーが個別に名付けていた例はあったが、政府が表示ルールを検討するのは初めてだ。

この秋からやっと国も法を見直すらしい。 遅い!でも新たな一歩。日本はこれからだね。。早く安心してちゃんと葡萄を発酵させた日本ワインが飲みたいものです。 国産ワイン、実は4分の3が輸入果汁を使っていた business.nikkeibp.co.jp/article/topics…

ワイン法の改正、嬉しいですね。
これによって、今後日本ワインの質もどんどんよくなっていくのではないでしょうか。

◆そして今、世界から注目される日本ワイン。

今、世界でも日本ワインが注目を集めています!

【日本ワイン★発売中】自ら丹精こめてブドウを育て、日本のテロワール(気候風土)を表現する極上のワインに仕上げる、個人経営のワイナリーが増加中。海外からもジャーナリストやソムリエ、ワインの造り手たちが続々訪れ、世界的な注目を浴びています。

◆美味しい日本ワインを飲みたいなら、これ!

ドメーヌ ミエイケノは山梨県小淵沢に拠点を置く生産者。設立は2007年、栽培醸造責任者は池野美映氏。ポートフォリオはシャルドネ、ビノノワール、メルロー。
化学肥料、除草剤は不使用。醸造はグラビティフローを採用。フレンチオーク小樽で発酵。一部新樽を使用。ピノノワールは18ヶ月、シャルドネは12ヶ月の熟成。無濾過で瓶詰めされる。

星野リゾート運営リゾナーレ八ヶ岳のレストランと提携!

『星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳 メインダイニング OTTO SETTE』 リゾナーレ八ヶ岳提携ワイナリーのドメーヌ ミエ イケノのワインとのマリアージュを楽しめる「Vin… retty.me/area/PRE19/ARE… #retty img.retty.me/img_repo/l/01/…

日本でも馴染み深いデラウェアのワイン。
「デラウェアにごり」

瑞々しくフレッシュ感溢れる味わいはぶどうそのものを食べているかのよう。爽やかな酸味が余韻を引き締めるワイン。

まるき葡萄酒のデラにごり、うめえ(・∀・)/

ラ・フロレット ハナミズキ ブラン 
La Florette Hanamizuki blanc

甲州市収穫甲州種100%
AKANEIRO/やや辛口

丁寧に収穫した完熟甲州種を除梗した後、マセラシオンにより甲州種が持つ果実本来の味わいを最大限に引き出しています。葡萄果に付着している野生酵母で低温発酵後、丹念なバトナージュにより豊かな香り、奥行きある味わいのワインに仕上げました。ミネラルたっぷりの優しいおいしさ。

普通に休日となった土曜日。妻は昨日から仕事で東京へ。と、いうことでひとりで好き勝手に昼から飲み始めちゃいました。奥野田ワイナリーのハナミズキブラン。最近のボクの一推しですw pic.twitter.com/APJXttttMB

1 2