出典 en.wikipedia.org

ピーテル・パウル・ルーベンス
1622-1625年頃
ロンドン・ナショナル・ギャラリー所蔵

かぶっているのはフェルト帽なのだが、18世紀以降麦わら帽と勘違いされていた。フランス語のpoil(フェルト)とpaille(麦わら)を混同したらしい。
ルーベンスを尊敬していた女流画家ヴィジェ=ルブランもこの間違いに影響されて麦わら帽をかぶった自画像を描いている。
代替タイトルは「フェルト帽」「シュザンヌ・ランダンの肖像」あるいは旧姓にちなみ「シュザンヌ・フールマンの肖像」など。

この情報が含まれているまとめはこちら

実は名前が間違ってた(かもしれない)名画

絵画に画家本人がタイトルを付ける習慣が始まったのは実はわりと最近。それまでは誤解に基づく名前を付けられることが結構ありました。また正式なタイトルが付けられるようになって以降も、思わぬ理由で間違った題名が広まることも…。

このまとめを見る