1. まとめトップ

日本漫画界に多大な影響を与えた「メビウス・アイザック」の作品

手塚治虫、大友克洋、荒木飛呂彦、浦沢直樹、小池桂一、谷口ジローなどそうそうたる日本の漫画家たち影響を与えたメビウスの作品について調べてみました。

更新日: 2015年10月17日

15 お気に入り 36136 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiepitaさん

メビウス・アイザックとは?

本名:ジャン・アンリ・ガストン・ジロー
メビウス(Moebius)のペンネームでも知られるフランスの漫画家。世界中のクリエイターから尊敬を集めた。2012年逝去。

バンド・デシネ界の巨匠

フランスの漫画「バンド・デシネ」界を代表する漫画家メビウス(ジャン・ジロー)

バンド・デシネ界…ベルギー・フランスを中心とした地域の漫画のことである。略称はB.D.(ベデ)

こんな感じの作品。。
ぞくぞくする

世界的なビジュアルSFブームを巻き起こした、バンド・デシネ(フランス語圏のマンガ)の巨匠。

西部劇漫画『ブルーベリー』シリーズでは「ジャン・ジロー」(ジル)名義、より自由な筆致でSF・ファンタジー作品を手がける際には「メビウス」名義にしていました。

どんな作品?【メビウス名義】

フランスのSFおよびファンタジー漫画雑誌メタル・ユルランの第2号(1975年月)から第5号(1976年1月)において連載されました。

【物語】
この漫画では、翼竜の様な生物に跨って荒廃した奇怪な土地を飛び回る寡黙な戦士アルザックの活躍が描かれるそうです。

宮崎駿監督の「ナウシカ」も、この作品に多大な影響を与えたと語っています。
参考http://goo.gl/Z6OVrg

原作:アレハンドロ・ホドロフスキー
作画:メビウス

【物語】
R級ライセンスを持つしがない私立探偵ジョン・ディフールは、ささいな事から謎の生命体「アンカル」を手に入れる。そのアンカルをめぐり、政府、ゲリラ組織、異星人など様々な人間たちの思惑が交錯し、ジョンは宇宙抗争に巻き込まれていく。というお話。

ちなみにこの落下シーンは、フィフス・エレメントや攻殻機動隊の有名なシーンなどに影響を与えたそうです。

【物語】
主人公のステルとアタンのコンビが、宇宙船に乗って、エデンの園を想起させる緑豊かな楽園めいた惑星に辿り着く。。そこから物語が展開してくようです。

影響を受けた作家は多い

彼から影響を受けた漫画家には手塚治虫さん、宮崎駿さん、大友克洋さんなど名だたる方々がいらっしゃいます

他にも
荒木飛呂彦、浦沢直樹、、小池桂一、谷口ジロー、寺田克也、とり・みき、鳥山明、内藤泰弘、藤原カムイ、松本大洋、村田蓮爾などのそうそうたる巨匠たちが影響を受けたと語ったそうです。

日本漫画界に影響を与える一方で、感銘と刺激を受けていた

メビウスは日本の漫画家に多大な影響を与える一方で、日本の漫画表現に感銘を受け影響を受けてもいる

当時フランスではほとんど知られていなかった日本の漫画表現に衝撃を受け、以後数年の間ヨーロッパで日本の漫画の重要性を問いて回っていた。

コラボ作品

宮崎駿とメビウスはお互いにファン同士であり、「風の谷のナウシカ」に因んで長女の名前はなんとナウシカ(Nausicaa)。

▼宮崎駿-メビウス展
http://www.miyazaki-moebius.com

鉄雄は「AKIRA」に出てくる重要な登場人物です。大友さんがまだ代表作『AKIRA』を描きはじめる前から大友さんの漫画を購入し「まるで学生に戻ったかのように」大友さんの絵の描き方を研究していたそうです。

▼メビウス×大友克洋
http://goo.gl/Jwv4Fd

フランスの映画専門誌「PREMIERE」誌の2004年9月号(第331号)に掲載されたものです。

宮崎駿さんとの対談はアツい!

こちらの動画は宮崎駿とメビウスの対談です。宮崎駿さんとメビウスさんがお互いを尊敬し合っていることが分かります。

▼参考まとめ

1