1. まとめトップ

「寝言で叫ぶ」って大丈夫なの?原因と対処法

恥ずかしい寝言はもしかしたら、睡眠障害のサインかもしれません。寝言のことを言われたら、最近の自分のカラダの調子を振り返ってみると良さそうです。

更新日: 2015年10月19日

7 お気に入り 149054 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiepitaさん

寝てる時に叫んでしまうことありませんか?

あなたは、家族から「寝言が叫ぶような大声だよ」と注意されたことはありませんか?

中年になってからの、まるで起きているかのように叫ぶ大きな寝言や激しい寝返りは、重大な睡眠障害である場合があります。

良質な睡眠ではなさそうです。

考えられる睡眠障害は?

子供によくみられる睡眠障害。寝ている最中に、とつぜん引き裂くような悲鳴や叫び声を出すのが特徴で、大人でも発症することがあります。

寝つきは非常によいのですが、2時間程度で目が覚めるといった睡眠。浅い眠りが継続するため、夢を伴いやすく、寝言の内容は感情的なものが多い。

うめき声に近いものがほとんど。

・突然いびきが止まり、無呼吸・低呼吸

・強いいびき

これを繰り返す場合は睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いです。

寝ているときに突然起きあがって、大声で叫んだり暴れたりする睡眠障害です。50歳以上の男性が発症することが多いです。

寝言の内容は睡眠の種類によって違ってきます。

体が休んで脳が活動しているレム睡眠での寝言は、感情豊かな内容が多く、夢の内容と関係深いものがよく聞かれます。一方、脳が休んでいるノンレム睡眠のときには、日常生活での出来事に関するものが多く、夢との関連はあまり見られないようです。奇想天外な寝言は、レム睡眠のときに多く聞かれるのかもしれません。

原因は?

アルコールは睡眠障害を引き起こす。

薬の副作用にも、寝言があります。

抗うつ薬や気分安定薬、抗精神病薬、抗パーキンソン病薬、心不全治療薬、胃潰瘍治療薬、抗腫瘍薬、抗結核薬などを飲んでいて寝言が増えたような場合は、主治医に相談してみてください。

対処法

もっとも簡単にできる「寝言対策」は、ストレスを軽減させること

寝る前に「シャワーだけ」という人は、湯船に使ってゆっくりカラダを休ませることも必要かもしれません。

3分程度のストレッチをしてカラダをほぐしてみましょう。

▼安眠ストレッチ【動画】
https://goo.gl/FHnO5o

LINEや仕事のメールなどが気になるかもしれませんが、寝る前はなるべく見ないようにすると、目の負担も減ります。

どうしても治らない人・ひどい人はは早めに睡眠障害の専門医の診察をうけたほうが良さそうです。

・睡眠外来
・睡眠障害クリニック

など

普段から寝言を言っている場合はあまり問題がないケースが多いです。「普段と様子が違うな」「最近よく寝言を言うようになったな」といったことを感じたら気にしてみるようにしましょう。

1