1. まとめトップ

『大股歩きの嬉しい効果6つ』

せっかく歩くなら大股歩きをしてみませんか?歩幅を広げることで知らず知らずのうちにダイエットすることができます。

更新日: 2015年10月07日

7 お気に入り 49774 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

futurepastさん

■大股歩きダイエットとは?

大股歩きはダイエット効果が期待できます。
普段の歩き方を変えるだけで、
ダイエットができるので大股で歩きましょう。

さらに早歩きをすると下半身の筋肉も増えていき、
引き締め効果もありますので、下半身ダイエットにも良いでしょう。

■大股歩きダイエットの嬉しい効果

▽下半身引き締め

ウォーキングは本来、
下半身の引き締めに大きな効果を発揮します。
いつもより1.3倍大股を心がけることで、
下半身の引き締め度も、上がりそうですね。

▽上半身引き締め

特に腹筋・脇筋・背筋は、足を大きく踏み出す度に
ウエストがひねられることで使用され、
女子にとって嬉しいクビレを作り出してくれます。

▽むくみ予防

大股歩きによって、第二の心臓と呼ばれる
ふくらはぎの筋肉がより効果的に働きます。

そのため、
足先にたまりがちな体内の水分がきちんと心臓へと送り返され、
むくみの発生を予防してくれます。冷え性の解消にもつながります。

▽姿勢矯正

1.3倍の大股歩きを繰り返すことで、
自然と猫背が矯正されて、姿勢がよくなります。

▽消費カロリーアップ

普段の30分ウォーキングでは筋肉痛を起こさない人も、
歩幅を1.3倍にすれば、同じ30分のウォーキングでも
筋肉の張りや痛みを感じる可能性が高くなります。

それだけ、運動量が多いということですね。
当然消費カロリーも増え、日頃のダイエットに
プラスになるのはもちろん、
食べすぎた分・飲み過ぎた分の解消にも効果的です。

▽便秘解消

腸のぜん動運動も活性化されます。
「腸のぜん動運動」は、便を押し出すための収縮運動。
弱まることで便秘に、活発になることで
スムーズな便の排出が可能になります。

■一方でこんな意見も

ダイエット情報の中には
「大股で歩くと良い」というものがありますが、
実は美脚作りには良くありません。

大股だと、上半身を前へ移動させる時、
太ももの“前の筋肉”が使われてしまうのです。

■しかし、正しい歩き方で歩けば美脚になれる!!

大股で歩くというと脚を大きく前に出して歩く人がいますが、
正しい歩き方の駆動力は前に出る足ではなく、後ろの足です。

1 2