1. まとめトップ

パリコレから学ぶ☆パーソナルカラー【ウィンター】

パーソナルカラーがウィンター(冬)タイプの人の印象に合わせた色、メイク、ファッション、コーディネート、洋服の素材や小物、アクセサリーの色などをまとめたページ。普段のファッションに似合う色を上手に取り入れて、魅力をUPしちゃいましょう♪ 似合う色や素材がわかると、断捨離も進みます♪

更新日: 2019年03月29日

66 お気に入り 30139 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ウインターってどんな人?

コントラストの強い鮮やかな色のコーディネートでも、色の強さに負けず、シャープに着こなすことができます。

魅力を引き出す色づかい

ウインターの肌色は " ブルベ " (ブルーベース)になります。

鮮やかでコントラストの効いた色づかいで、存在感のある美しさを引き出しましょう。

クールな印象の冬タイプの方には、赤・黒・白といったようなはっきりとした色がよく似合います。はっきりとした色味で甘くなりすぎず、シャープで華やかなコーディネートを意識するようにしましょう。

情熱的な赤やブルーレッドなど、大人の赤がよく似合います。ピンクは青みの強いはっきりとしたマゼンタやフクシャなど、色鮮やかでセクシーなピンク、黄色は冷たさを感じるレモンイエローやアイシーイエローを選びましょう。

濃いブルーグリーン、青はネイビーブルーやロイヤルブルーのような鮮やかでインパクトの強い青、紫は高貴な印象のロイヤルパープル、つややかで華やかな魅力をひきだしてくれます。

苦手な色を身につけるのなら、えりぐりの大きくあいたデザインを選んだり、ボトムにもってきたりして、できるだけ顔から離して使うのが賢明です。

白は漂白したようなピュアホワイト、黒を着ると顔にメリハリがついて華やかな印象になります。ベージュ系、ブラウン系のバリエーションは少なく、黒に近いコーヒーブラウンや、グレーベージュのような黄みの少ないものが似合います。

コーディネイトのポイント

【生地】光沢のある生地
サテン、ベルベット、シルク、リネン、銀ラメなど
【デザイン】
コントラストの強いもの、シンメトリー、シンプル、深いVネック
【プリント】
はっきりしたストライプ、幾何学模様、大きめなドット、大胆チェック
【アクセサリー】シンプルで存在感のあるもの
プラチナ、シルバー、ダイヤモンド、クリスタル
【靴・バッグ】
黒い皮、ダークブラウン、エナメル、ピンヒール、大きいバッグ

パリコレから学ぶ!

存在感のあるボーダー柄にも負けないウィンターさん。
光沢のあるパンツを選ぶことでカジュアルさを抑えて。

バッグはチェーンバッグよりも、ストラップのしっかりした大きめなものがgood!

2016秋冬からの注目素材”ベルベット”は、ウィンターの得意アイテム!鮮やかな赤の大胆なコートもさらりと着こなせそう。
引き続きトレンドの編上げサンダルは、華奢な印象でサマーのアイテムですが、こちらでは抜け感を演出するキーアイテムに。

ウィンターのベースカラーのネイビーブルー×ピュアホワイトの組み合わせ。
幾何学模様やストライプなど、変わったデザインだと一層魅力が引き立ちます。
足元は、ウィンターにぴったりのエナメルサンダルでポイントを。

ウィンターの方の無敵コーデはなんといってもモノトーン!
他のカラーの方には難しいコーデです。
ふんわりした生地で優しい雰囲気に。

リップの色もウィンターカラーです☆

ウィンターにピッタリの大きな水玉柄。
苦手とするフレッシュなオレンジ色もボトムスに合わせると素敵です!

ウィンターにオススメの生地ベルベットの紺色ワンピース。
足元のレモンイエロー、ソックスのボーダーで、ウィンターらしさを最大限に発揮できます。

ウィンターのベーシックカラー”グレー”のグラデーションコーデでは、トップスに濃いめのグレーを持ってきましょう。
サマー寄りの明るいグレーは、光沢のある生地にする事でウィンターらしさを引き出してくれます。

差し色は得意の鮮やかなブルーを。

ウィンターのひとは、鮮やかな濃いブルーをアウターに持ってきても◎

ワンピのビジューは、これくらい大ぶりなものが良いでしょう。また、ファスナーやボタン等はシルバー色で合わせましょう。

ネックレスやイヤリングを付けず、すっきりとまとまっています。

このピンクはウィンターの方にしか着こなせません!
ウィンターの方は、洋服のデザインはシンプルで装飾が少なく、コントラストの強いものが良く似合います。

胸元の深いVネックのスクールセーターはウィンターにぴったりです!

鮮やかでくすみのない赤のラインのものを選びましょう。

ウィンターの方はくすみのない鮮やかな赤いセーターが似合います。
メイクは控えめにして、黒いスカートを合わせています。

もう少し、はっきりとした赤のチェックだとパーフェクト。
チェック柄はこれくらい大ぶりなものにしましょう。

1 2