1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

sshiokooさん

文化人類学者の山口智美さんはゼロ年代の「ジェンダーフリー・バックラッシュ」の頃から「草の根保守」のリサーチをずっと続けていて、安倍晋三を筆頭に改憲派は本命の「9条改憲」の前に「緊急事態条項」と「24条(家族)」が来る!と何度も発言されている。

去年の段階から、安倍政権やそれを支持する右派のストラテジーは、参院選の後に「憲法改正」で変わってない。去年からずっと、9条は後まわしで、先に「緊急事態条項」とか、「家族の絆」条項といってきた。最近の右派の動きをみていると現在の最優先は「家族の絆」すなわち24条ではと思う。

かなり何度も、くどいほどに24条狙われてると発信してるのだけど、なかなか通じてない気もする。フェミニズム運動としても24条改悪阻止運動の盛り上がりを作っていかなくては、と思う。

自民党が2012年に発表した改憲草案。https://t.co/phhNdIF1cR

自民党改憲案の24条部分、案外知られていないかもしれないので紹介しておく。第1項に「家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない。」を新設。jimin.jp/policy/policy_… pic.twitter.com/fGKh228E4O

また既存の項目も、「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立」が「両性の合意に基づいて」と「のみ」が外れていたり、「法律は個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならない」対象から「配偶者の選択」が外れていたりなども。jimin.jp/policy/policy_…

自民党が発行している、改憲案についてのQ&A文書では、家族の絆が薄くなっていると言われているから24条一項に家族の規定を新設とある。jimin.jp/policy/pamphle… pic.twitter.com/Pw6p6SOs13

家族に助け合う義務を課しているわけですね。 年寄りの介護も生活保障も、病人や障害者の看護も生涯に渡る世話も、教育も、失業した者の世話も、すべて家族の責任。 これで、生活保護も介護保険も健康保険も失業保険も公教育も国家は撤退できる。 twitter.com/yamtom/status/…

@yamtom 「育児支援を政府に頼らずに父母が苦労しなさい」、「年金は破綻させるので老人は子や孫が養いなさい」、「生活保護は緊縮するので貧乏人は兄弟姉妹や甥姪が養いなさい」という事ですね、分かります。絆の呪い。 @hurati

『女子の集まる憲法おしゃべりカフェ』がやばい

山口さん、改憲派が昨年出した、<カフェで女子がゆるく憲法について話し合う>という設定の『女子の集まる憲法おしゃべりカフェ』(百地章監修)http://bit.ly/1VnMMqE について解説。
ちなみに百地は安保関連法制を「合憲」と解釈する3人しかいない憲法学者のうちの1人で、極右団体「日本会議」常任理事、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」幹事長、産経新聞「正論」執筆メンバー。
もちろん安倍さんとチョー仲良し。「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の発起人。
http://abesouri.com/menber.html

百地章氏監修の『女子の集まる憲法おしゃべりカフェ』本によれば、現行憲法は「家族崩壊」の要素を含んでいる憲法らしい。 pic.twitter.com/RWxje59Gtf

百地章監修「おしゃべりカフェ」本、「両性の合意のみ」と現行憲法にあることで、「結婚や離婚は親や子供が何を言おうが関係ない。本人同士が合意すればよい」ということで離婚に至りやすく、家族崩壊と。 pic.twitter.com/U9GgwpGib6

シングルマザーへの支援が家族への支援より多いのも24条のせいと。挿入されたマンガ(すずきよしみつ「憲法の時間です!」にも「両性の合意のみ」の「のみ」をとることへのこだわりが表れている。これに家族の絆条項を加えることが主張されている。 pic.twitter.com/WFgcTQWwJo

シングルマザー家庭への援助が多い、という認識もなんだそりゃと思うけれど、援助があること自体が許せない感じだよなこれじゃ。

山口さんが紹介した『女子の集まる憲法おしゃべりカフェ』に対する反応

個人よりも家族のほうが重い社会には住みたくないわ。/ 「今の憲法では「家族」よりも「個人」のほうが重いのです」 twitter.com/yamtom/status/…

「(サチ子)こんな憲法だと家族が崩壊してるのもうなずけるわよねえ」 け、けんぽうのせい? 憲法のせいでどの家族が崩壊? twitter.com/yamtom/status/…

「かつての日本に近づく第一歩」とか書いてあって気持ち悪い。かつての日本って女性に参政権なくて法律行為の主体にもなれなかったですが、それに近づけたいんですかね。 twitter.com/yamtom/status/…

twitter.com/yamtom/status/… 「結婚式もせず籍だけ入れる夫婦」をあげつらっているのが感慨深い。 保守的な人は「籍も入れず同居するような男女」(同棲、事実婚)を嫌い、批判するもんじゃなかったのか。

twitter.com/yamtom/status/… 「確かに、結婚式もせずに籍だけ入れる夫婦って、周りの目が気にならないからか、離婚率高いってテレビで言ってたの聞いたことがあるわ」

離婚って「周りの目」を気にしなきゃいけないような悪いことなのか。離婚しないために結婚式しろってか。結婚式場のまわしもんか。「テレビで言ってたの聞いたことがある」ってなんだその適当さは。そのテレビってなんだ。そこまで言って委員会じゃないだろうな。

「つまり、今の憲法では『家族』よりも『個人』の方が重いのです」 「だから離婚率も高くなるのかもねぇ…」 「家族」より「個人」が重いの、あ た り ま え !!! それ当たり前だから!!!

人権宣言が、家族を「権利」と位置づけているのに対し、自民党の改憲草案は「義務」と位置づけているので、このようにあたかも同等なものであるかのように扱うのは詐欺的。 twitter.com/yamtom/status/…

RT。非常に興味深いのは、おしゃべりカフェ本の漫画は人権宣言や人権規約、アイルランド憲法を挙げてほら家族が大事!と主張するのだけれど、それらは「家族は社会や国の保護を受ける権利がある」としている。自民党改憲案は「国による保護」の文言なしでかわりに「家族はたがいに助け合え」と。

そう言えば昨日こちらの「おしゃべりカフェ本」にあった国際法上での「家族生活の尊重をうける権利」について、今日届いた『現代思想』10月号LGBT特集の谷口洋幸論文が触れていた。twitter.com/yamtom/status/…

ちなみに、現代思想2015年10月号 特集=LGBT 日本と世界のリアル
http://www.seidosha.co.jp/index.php?9784791713073

24条改悪、「家族保護条項」新設に対する警戒

自民改憲案24条、彼らの理想とする家族像を国民に押し付け(それ以外は“家族”じゃないから“尊重”もされない)、かつ、その家族の中での助け合いを強制することで、社会保障やら子育てやら介護やらの国にとっての厄介ごとを全部家族に押し付けて無償でやらせようとしてるようにしか見えない。

憲法24条(家庭生活における個人の尊厳と両性の本質的平等)改正 → アベノミクス新・第二・第三の矢の実態=子育て・介護の非社会化=家庭化・自己責任化=特に女性への押し付けを正当化、という展開か。

1 2