日本より狭い島国ながら中央集権国家ではない。イギリスの正式国名は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」という、実に長ったらしいものだ。要するに連合王国というぐらいだから、いくつかの国が集まっている、という意味である。

グレートブリテン島には3つの“国”がある。最も面積が広いイングランド、島の北部を占めるスコットランド、南西部の最も小さいウェールズだ。イングランドはアングロサクソン人、スコットランドはスコット人、ウェールズはケルト人という、一つの島の中で異なる民族がしのぎを削っていたわけだ。

出典サッカーとラグビーには「イギリス」はないの?伝統国の複雑な事情 | MEN人(メンジン)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ラグビーW杯 イギリスが複数チーム出場は「なぜ?」

2015年のラグビーW杯で日本の2戦目の相手となったスコットランド。英国からは他にもイングランドやウェールズ と複数チームが出場しているのはなぜ?あるいはイングランドの観客がスコットランドではなく、日本を応援するのはどうして?と疑問に思った人も少なくないようだ。

このまとめを見る