1. まとめトップ

海外ファッション界の畳土足ブームを不快がる日本のネット原住民に外国人らは「気にしすぎ!」と呆れる

海外のファッション業界で最近「畳の上でハイヒールを履いたモデル」の撮影が大ブームになっている。このことについて、日本の一部のネットユーザが不快感を示していると海外メディアが報じている。外国人たちは「日本人は細かいことに気にしすぎ!」との反応一色だ

更新日: 2016年10月12日

gudachanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 5040 view
お気に入り追加

海外メディアが報じた「畳にハイヒールに日本人がキレてる問題」

畳は土足厳禁ーそれを破れば日本人は腹を立ててしまうかもしれません。

海外のファッション業界では昨今、畳の上でハイヒールを履いたモデルたちの写真が賑わっています。しかしこれは日本人には歓迎されていないものだ、と海外サイトKotakuが紹介しています。

記事によると、
・傷がつくため、畳の上では土足厳禁だ。しかし、ファッション業界の畳ハイヒールはまるで「日本文化を取り入れるけど、君たちが作り上げてきた規範は完璧に無視するね!」と海外デザイナーや写真家が言っているように見える

・ただ「畳の上でのファッションショー」は(日本の魅力を世界に発信する目的で)関西空港などでも開かれており、西洋だけが率先して無作法を働いているわけではない

・日本人の中にはこれに不快感を示すもの、困惑するものなどが後を絶たない

外国人たちは「Why japanese people!?」といった様子

この問題について外国人たちは、どうでもいい「いちゃもん」だと捉える意見が大多数のようだ

<海外の反応>

ごめん、足が素敵だから文化がどうとか考えもしなかったわwwww

アートとかファッションは慣例や既成概念を壊すところが出発点だろwwこんなことでいちいち苛立ってるとか暇人かよwwww

モデルにケチつけてどーするよってのが本音。非現実を映し出すのが仕事なんだし・・そこに美しさや芸術性を感じるからしてるだけだろ?それに文句言うのはおかしな話だと思った。

これに怒ってる人の気持ちも分かる。要は「畳を傷つけんなよ!」って言ってるだけ。ファッション業界のアホどもが自分たちの畳を傷つけてるだけなんだし、そこに怒る必要はないかと。

ファッション業界「お前らの批判なんか割とどうでもいい」

日本のマナーとかしきたりってのは理解できるし、相手にそれを守るよう求めるのは善意からのものだってのも分かる。でも日本人はあまりにそれらに対して絶対服従を求めすぎな面があると思うな。

てかこれらの写真はスタジオで撮影されたんだろ、別に誰かの家に上がりこんで撮ったわけでもあるまいし。企画した人間が買った畳なんだし、日本人が何に対して怒ってるのかさっぱり理解できん。

・ベルギー在住だが、訪問する際に靴を脱ぐことは一般的ではない。
清潔でないことは認める。

・誰が気にするんだ?
日本人は容赦しないかもしれないが、これはファッションだ。
芸術表現の為だよ。
写真家は日本人かもしれないだろ。


・車椅子の人たちはどうするの?
適切なエチケットに興味がある。


・畳の上でスリッパを履くことさえできないのなら、日本が前に進んで現代の床を使う時かもね。

海外ファッションから日本に波及する「畳にヒール」表現

こうした表現はファッション業界で多々見られるようになったほか、畳の祖国・日本でも人気アイドルグループなどの音楽PVにちょくちょく用いられるようになり、じわじわと国内でも広まりつつある

Kotakuの元記事がこちら(英文)

1





gudachanさん



  • 話題の動画をまとめよう