1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

山本昌はラジコンの世界に?野球選手たちの引退後が波乱万丈すぎる

32年間の現役生活にピリオドを打つ中日・山本昌投手。引退後は趣味のラジコンをやる気満々のようです。現役引退後、波乱万丈な人生を送っている人は多いようで…

更新日: 2015年10月01日

ピュンマさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 87479 view
お気に入り追加

▼32年間の現役生活にピリオドを打つ中日・山本昌

プロ野球最年長勝利記録を持つ中日山本昌投手(50)が9月30日、名古屋市内で会見を開き、今季限りでの引退を正式に表明した。

32年間の現役生活にピリオドを打つ「球界のレジェンド」は「まだ本当に実感はない。ただ、本当に大きな決断をしたと思っているし、ある程度すっきりしている」と笑顔を浮かべた。

山本昌とうとう引退か。50までよく投げてこれたなぁ。お疲れ様です!

▼引退後は、趣味のラジコンを再開させるらしい

山本昌は趣味のラジコンではプロ級の腕前を持っており「現役が終わったら、ぜひラジコンの世界大会まで行きたい」とは語っていた

「ラジコンの世界大会が日本であるので、スポンサーになろうと。連絡は取っています」。プロ顔負けの技術で、世界一を獲る日は遠くない!?

「またユニホームを着るチャンスがいただけるような勉強をしていきたい」と、指導者への道にも意欲を示した。

▼現役引退後、波乱万丈な人生を送っている野球選手は多い

・芸能界で活躍するも所得隠しで大きくイメージダウンした板東英二

板東はプロ野球選手引退後、1983年度の「第12回日本放送演芸大賞」で、片岡鶴太郎や山田邦子らを抑え、「最優秀ホープ賞」を受賞している。

2012年に自身の個人事務所で約5000万円の所得隠しが発覚以降、実質的に芸能活動自粛を強いられていた

年齢も70半ばゆえ、引退説も流れたが、一昨年の秋によしもとクリエイティブ・エージェンシーに移籍して復帰。

・監督が待望されるも、薬物騒動に揺れる清原和博

昨年、薬物使用疑惑が取り沙汰され、9月には離婚が発表されるなど世間を賑わせた元プロ野球選手の清原和博氏。

薬物騒動によるイメージダウンでテレビ出演も激減。亜希夫人とも離婚し、激太りした様子がマスコミによって何度も撮られている。

現在は野球の仕事から遠ざかっているが、今後は野球界に戻りたい気持ちを告白。「日本にはお金持ちはたくさんいるが、プロ野球の監督は12人しかいない」と憧れを語った。

・念願のラーメン店をオープンするも、閉店に追い込まれた元木大介

大阪・上宮高の「超高校級スラッガー」と評価され、3度出場した甲子園で絶大なアイドル人気を獲得した元木大介氏

元木は引退から5年後、念願のラーメン店をオープン。“元木”に“福”があるように“元福”と名づけ、スタート当初は「ラーメン界の新人王を取りたい」と意気込んでいた。

1 2





ピュンマさん