1. まとめトップ

普段の食生活で出来る・癌の予防に効くと言われる食材まとめ

民間療法で癌と闘われていた川島なお美さんが亡くなられましたね。実際にそれで癌を克服した人がいるのも確かだけど、やっぱりいざとなったら三大療法に頼るしかないって人もいっぱいいるし。うーん…だったらとにかく、癌にならない食生活に気をつけること、それしかないかなーと思ってまとめてみました。

更新日: 2018年09月19日

5 お気に入り 4289 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Cabodarocaさん

川島なお美さんや北斗晶さんなど、芸能人の癌の報道が続きますね。川島さんが抗ガン剤の治療をせず民間療法での治療を選択していたことも話題になりました。最近は抗がん剤の弊害がネットでいわれていたりして、民間療法に対する関心も深まっているようですが、川島さんやスティーブジョブスなどの例を聞くとほんとうにそれでいいのか…いざとなったら癌は三大治療を選択するという人がやはり大多数だし、と思ったり。うーん……ならば民間療法か西洋医学かと悩む前に、とにかく癌にならない身体づくりをと思っていろいろ調べてみました。

普段の食生活から癌の予防を考えてみよう。効いてるかはわからないにせよ、体内環境を整えることにはなってるはず。

にんじんジュース

星野式ゲルソン療法や石原式などがあります。

星野式ゲルソン療法

有名なマックス・ゲルソン博士が考案した「ゲルソン療法」は、免疫システムの自然な働きを促す栄養療法です。メキシコのティファナにあるゲルソン・クリニックでこの栄養療法が行われており、ゲルソン博士の娘であるシャルロッテ医師が、ガン患者の治療のためにニンジン・リンゴジュースを使っています。

患者は一日にニンジン・リンゴジュースを13杯も飲んでいるそうです。しかも、他の食事は、黒パン、じゃがいも、生野菜だけというのですから、「半断食」みたいなものです。

にんじん・りんごジュースを1日に13杯……
うーん、ここまで気合いが入っていると実践はちょっと無理(o_o) そもそも、癌の予防じゃなくて治療ですもんね。
そこで、このゲルソン式をさらに改良し実行しやすくしたのが、福島県立医科大学の星野仁彦教授の実践法。

精神科医である福島県立医科大学の星野仁彦教授によれば、ご自身の末期ガンのご体験から、7種類の野菜とジュースはガンの予防ばかりか、ガンの克服にも役立つといいます。

星野先生は、'90年に左の下腹部の鈍い痛みと下血があったのでレントゲン検査をされたら、S字結腸ガンと診断されました。
手術は受けられましたが、ガンはリンパ節に転移、更に肝臓への転移しており、当時は不安と絶望感にあったそうです。
そこで、先生が試みられたのが、7種類の野菜とジュースだったのです。毎日1.2~1.5リットルを飲まれたそうです。
すると、一ヶ月ほどで腫瘍マーカー(ガンの有無を示す検査値)が下がりだし、体調も見る見るうちに回復していったと言います。

 ただし、先生はこれまで18年間、朝は塩抜き、脂ぬきとコップ2杯の7色野菜ジュースを飲み、お昼は焼いたジャガイモや野菜、果物を食べ7色野菜ジュースを飲む生活、その生活を今でも継続しておられます。

にんじんだけでなく、7種の野菜のジュースを飲まれてらっしゃるようですね。1日1.2〜1.5リットルか……きびしい……
でも、提唱者のドクター本人が実際に癌を克服したというところは信ぴょう性がありますよね。
(すべての方に同じ効果があるわけではありませんが)

石原式にんじんジュース断食

東京のクリニックと伊豆のサナトリウムで治療にあたられている石原結實先生の提唱するにんじんジュースプチ断食法。プロフィールを見てみると、石原先生のサナトリウムでは元首相3名を含む各界の著名人がこの断食法での療養を受けられているんですね。

「動物実験でも明らかなんですが、満腹にさせたネズミと、一日置きに断食させたネズミとでは、満腹のネズミのほうが五倍くらいガンになる確率が高いんですよ。そこから、栄養過剰な状態がガンをつくると考えるわけです。

 断食はものを食べないから排泄力が増す。目くそ・鼻くそ・くそ(大便)・小便と、悪いものがどんどんと出ていきます。からだのなかを洗浄するのでガンにもいいのです。

 それから科学的にいえば、断食をすれば白血球の力が増すんです。白血球にはT細胞やNK細胞というのがあって、それらはガンに食いついたり対抗する力がある。ですから白血球の力が増すことはガンにも効果的なのです

癌に特化してというわけではなく、身体全体の排泄を促すことで糖尿病や腎臓透析を行っていた人の症状が改善したりするようです。
サナトリウムでのにんじんジュース断食ほど徹底してではなく、朝ににんじんジュース、昼にお蕎麦、夜は好きなものを食べてよいとする「石原メソッド」というものもあります。でもどちらかというと健康法、ダイエットとして紹介されていたり…

でも、石原先生のクリニックで実際に末期癌から生還している方も。それがこちらのサイト。

ゴーヤ

元ネタはこちらの英文サイトのようです。

ブロッコリー・カリフラワー

どの食材も、癌予防に効くかどうかを断言することはできません。そもそも「予防が出来ている」ということは何も症状が出ないということだから、自分の努力の結果そうなっているのかは判断しづらいところですよね。でもどうせ何かを食べて生活していくのだから、これらのものを積極的に取り入れてみるのもいいんじゃないかな。うん。

1