1. まとめトップ

【エリカ様】沢尻エリカってどんな人?

お綺麗な女優さんエリカ様。揶揄するようにエリカ様と呼ばれ、性格、振舞に問題があるように言われていましたけれど、実は素直で立ち回りが下手なだけで悪い人ではないのでは?

更新日: 2015年10月02日

1 お気に入り 38570 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ties.miraiさん

性格悪い?

「涙の謝罪」とは、07年に主演映画の舞台あいさつで司会者の質問に「別に…」とぶ然として答えて批判を浴びたため、テレビ朝日「スーパーモーニング」で涙ながらに謝罪したもの。この涙によって騒動も収束に向かったが、なんとこれが当時の所属事務所の意向に沿った“演技”だったと告白したのだ。

 「前の事務所が謝罪しなくてはいけないと言ったけれど、ずっと断っていたんです。絶対したくなかった。これが私のやり方なんだから、と。結局私が折れて。でも間違ってた」

歌手として2作連続でオリコンチャート1位になったことについても「どうして1位になるのかも分からなかった。みんなおかしいんじゃないかと思ったぐらい。曲も好きではなかった。歌謡曲みたいで」とバッサリ。

沢尻さんは「クローズドノート」のインタビューを受けた時にプライベートな質問をされたので

「映画の話とかんけぇ~な・い」

と機嫌悪そうに吐き捨てました。

「クローズド・ノート」記者会見で、
監督が現場に手作りクッキーを作って持ってきたエピソードを語り
司会の富永さんが「どんな思いでクッキーを焼いたのかだけちょっと教えていただいてもよろしいですか?」と
質問を投げかけたら「別に」と一言発し、さらに司会者を睨みつけたことで大問題に発展します。

終始不機嫌な態度で「別に」、「特にないです」という言い方は人としてやってはいけない行動です。

おすぎさんの話だと、『別に・・・』事件の時も、舞台挨拶の衣装に「ファーの付いたドレス」をスタイリストさんにお願いしていたのに、届いたのはギャートルズのコスプレ(ファーの付いた、ではなく全部ファー)だった事で、「約束を守って貰えなかった事」に一番腹を立てていたらしいのですが、かといって私服で舞台挨拶をしてしまうとスタイリストさんの仕事が無くなる事を心配してギャートルズのコスプレで舞台挨拶をしたそうですが、

「すごい顔に出ちゃう人なんですよ。(取材でも)この人聞きたくて聞いてるのかなとか、わかっちゃうとシャットダウンしちゃってた時もあって、それはやっぱりダメだと思う。でも今は言いたいことを言えるようになった。落ち着きましたよ、もう」

中山「今日のゲストは沢尻エリカさんです。テレビで生放送に出る(機会)は?」

沢尻「そうですね・・まぁないけどあっても教えないです」

中山「えぇー非常に珍しいということで」

中山「今流れているのは井筒監督の映画『パッチギ』に出演したときの映像で、当時各界から絶賛されましたが、出演してみてどうでしたか?」

沢尻「まぁ・・・遊び半分だったので」

中山「えぇー沢尻さんのイチオシのおやつはイチジクですが、魅力は何ですか?」

沢尻「あまり覚えてないです」

中山「えぇー視聴者からの質問で『沢尻会』というのは存在するのでしょうか?」

沢尻「・・・」

「あれだけの容姿で演技力があるんだから、よほど人格が崩壊してないと

あんな扱いにはならないだろ!」

沢尻「いっぱいありますよ。気に入らない子がいて、で、収録中にその子のことを泣かせたことがあって(笑)。その子が一番ショックなことを、私がグサッって言っちゃったの、本番中に。そしたら『うっうわぁ~ん(泣)』みたいな(笑)」

撮影本番中に、「気に入らない子」をわざと泣かせたという共演者イジメとも受け取れるエピソードを嬉々として明かす沢尻。さらに腕組みをしながら、

沢尻「はあ? 何泣いているの、こいつ、みたいな。『ふざけんなよ』『収録止めんなよ』みたいな(笑)」

と大爆笑で当時の「悪女ぶり」を振り返った。悪女というか、単純にイジワルなだけだと思うが……。

「お互い結構派手っていうか、目立ってた感じで、中学校時代もスカート短くしたりとか、全然ダメなのにルーズソックス履いちゃたりとか…」と10代の頃を回顧した沢尻は、「元からこういう感じで、とにかく昔から嫌われてたんですよ」と自虐発言。「30人ぐらい女子に囲まれたりして、『お前いきがってんじゃねーよ』みたいな感じで言われて『しょうがないじゃん』って」と、あっけらかんと続けた。

ホントに人より性格悪いところもあるんですよ。それは間違いなくホントで。すごいキツイからバッって言っちゃうし」

ように見せて実はいい人?

「衣装は手違いで注文と違う物が来てしまったので、絶対に衣装については触れないでください」と司会者にお願いしてから舞台に出たのに、その司会者が「今日の衣装のコンセプトは何ですか(笑)」と、これまた約束を破ったために、キレちゃったみたいなのです。
おすぎさんは「罠にハマったようなもの」と同情していましたが、生真面目過ぎる性格の為に芸能界での交際範囲が狭かった事が災いし、庇ってくれる人が殆どいなかった事も、バッシングを加速させる結果になったようです。

「沢尻さんが主演ドラマ『ファースト・クラス』の撮影現場に、差し入れを持ってきたんです。それも一日だけでなく、頻繁に……。こんなに現場に気を使う彼女を見たのは初めてでした」(芸能関係者)

演出家は『彼女は、まったく手がかからなかった』と意外そうに漏らしていました。共演女優が演じる性格が悪い女性を見て、彼女はかつての自分を反省したのかもしれませんね

初めましてなのに壁もなく、仲良くさせて頂いてます。一見クールかと思われがちですが、天然なところがあって本当に可愛らしいんです。嘘でしょ?っていうような仰天行動を見せたり、チャーミングな魅力にあふれた方です。

「私のイメージって悪いんでしょうね。街で人と会っても『エリカちゃ~ん』でなくて『あっ』とか言いながら引かれるし…。たまにキツいこと言っちゃうけど、普段はフツーなわけですよ」

マツコさんが
「沢尻さんってある年の嫌いな女優ランキング一位になったのね、そしてその年の好きな女優ランキング一位は・・・今は『某女優』と言っておくわ。もし目の前に見た目の気持ち悪い男性が寄ってきたとして、沢尻さんなら「オマエ、キモい。(でも心の中でありがとうね)」なの。許せないのは某女優。「いつも応援ありがとうございます(^o^)(心の中で『キモい。あっちイケ』)」なの。
某女優の方が腹黒くない?沢尻さんは素直すぎるのよ。」
とお話になっていた。

映画監督井筒和幸「明るくて前向きな性格の良い子。仕事に対する姿勢も物凄く真面目。ただ、真面目過ぎるのが欠点と言えば欠点」

沢尻さんは裏表のないストレートに物事をいうタイプで、性格が悪いわけではない

沢尻エリカさんはデビューしたてのころは清楚系でいい人そうな感じであった。

なので、沢尻エリカさんは本当は性格がいいと思われる。

彼女の性格の悪さが浮き彫りになっていますが、それは彼女が飾らない性格がゆえ。
汚い部分を隠して、自分は心も綺麗だと見せる人の方が怖いのではないでしょうか?

彼女の破天荒な言動はやや収まったようですが、彼女らしさは失わないでほしいですね。

1