1. まとめトップ

VW(ワーゲン)社の不祥事の裏側・・・

フォルクスワーゲンvsポルシェ一族の・・・・・泥沼復讐劇??なのか???それとも・・・・・

更新日: 2015年10月02日

0 お気に入り 1279 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

不穏な動き・・・

フォルクスワーゲン(VW)は25日、フェルディナント・ピエヒ監査役会長(78)が同日付で辞任したと発表した。社長任期を巡るオーナー一族を巻き込んだお家騒動はひとまず幕を閉じた

ように見えたが・・・・・

フェルディナント・ピエヒ氏とは?

アドルフ・ヒトラーからの依頼で、ワーゲンビートルを開発した
フェルディナント・ポルシェ博士の孫

フォルクスワーゲン社・ポルシェ社の両者に関わった
ルイーゼ・ピエヒ(フェルディナント・ポルシェの娘)の息子

1993年にVW社長に就任。2002年に監査役会長に退いてからも社長ら幹部人事を決め、積極的な企業買収で傘下に12ブランドを持つ一大帝国を築き上げた。

今回不祥事で退いた、ヴィンターコルン氏とは?

ヴィンターコルン氏(68)は2007年にフォルクスワーゲンのCEOに就任し、世界各国で驚異的な成長を見せたこの独自動車メーカーを率いてきた。

元々、仲が良かった両者

従来、両者は良好な関係とされてきた。07年に傘下の独アウディ社長だったヴィンターコーン社長をVW社長に抜てきしたのはピエヒ氏だ。

VWお家騒動に終止符が打たれた・・・・・かのように見えたが・・・

2015年4月25日、辞任した。同会長はオーナー一族の実力者として20年以上にわたりVWを率いてきたが、ウインターコルン最高経営責任者(CEO)との権力争いに敗れた格好。

今月(4月)に入って独週刊誌シュピーゲルは、ピエヒ会長がウインターコルンCEOと距離を置いていると語ったと報道。ピエヒ氏のCEO批判に対する反発が広がり、同氏は孤立を深めていた。

VWの内部関係者の間では、ピエヒ氏の辞任でウインターコルンCEOが会長に就任する可能性が高まったとみられている。

またその場合、ウインターコルン氏の後任には、CEO候補と目されているポルシェCEOでVWの取締役会メンバーであるマティアス・ミューラー氏が就く可能性がある。

ポルシェ一族の、復讐劇は水面下で動いていたのかもしれません・・・・・

VW社の、不正発覚

各種報道によりますと、不正は2009年に米国で発売されたディーゼル車から始まったとされています。VWではその2年前の2007年に、今回辞任したヴィンターコーン氏が社長に就任し、同氏の強力なリーダーシップのもとで急激な規模拡大を進めてきました。

不正発覚の結果

フォルクスワーゲン(VW)がディーゼルエンジン車に違法ソフトウエアを搭載し、米国で排ガス規制を不正に逃れていた問題で、同社は23日、ウィンターコルン会長兼最高経営責任者(68)が辞任したと発表

ウィンターコルンからの公式声明は以下の通り。「フォルクスワーゲン・グループがフレッシュなスタートを切ることができるよう私は退任する。私自身、ここ数日に起こった出来事に非常にショックを受けており、そのような不正行為があったことにも驚かされている。不正行為について私は認識していなかったが、監査委員会には私がフォルクスワーゲン・グループのCEOを辞することで責任をとることを申し出た。フォルクスワーゲン・グループは新たなスタートが必要で、私の辞任がきっかけのひとつとなればいいと思う。私の人生は、常にフォルクスワーゲンのユーザーと従業員のためにあったことは確かだ。今後は、この問題の解決する過程をしっかりと明確にすることが必要だと思う。それが、フォルクスワーゲン・グループの信頼を取り戻すためには重要だと思っている。」

今後、経営陣はどうなるのか??

ディーゼルエンジン車の排ガス規制逃れ問題で引責辞任したウィンターコルン前会長の後任に、傘下ポルシェ会長のマティアス・ミュラー氏(62)を充てる人事を決めた。かねて「将来のトップ」と目されていた本命候補の起用の背景には、世界規模に広がる未曽有の混乱を、業務に精通した手堅い布陣で乗り切る狙いがありそうだ。

ポルシェ一族の、復讐

今回の不正発覚は、内部リークの可能性が高く
この事を知りえ、発覚して利益をえる者とは・・・・・(謎)

更なる謎・・・・・・

ディーゼル車の排ガス不正問題の責任をとってドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の最高経営責任者(CEO)を辞任したマルティン・ウィンターコルン氏は、年金を含めて最大約6000万ユーロ(約80億円)の退職金を受け取る可能性がある。

ここれは、なにを意味するのか????

単なるお家騒動の、泥沼復讐劇なのか?
ほかに、もっと大きな利権が絡んだ裏の勢力が働いたのか?

それは、表沙汰にはならない真実なのでしょうね・・・・・

今後更なる謎に、迫りたいと思います・・・・・・・・(謎笑)

1