1. まとめトップ

【厳選7店舗】東京都内で旅行用バックパック買うなら新宿がベスト!

まとめの説明を入力(150文字以内。改行は反映されません)

更新日: 2015年10月04日

28 お気に入り 192622 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tahkah0124さん

2015年のシルバーウィークにインドに1週間バックパッカーで旅行行ってきました。
かっこいいバックパックが欲しかったのですが、都内で一番バックパックを扱う店が集中しているのは新宿です。神保町にもアウトドアショップ多いですが、新宿の方がおススメです。

1日かけて新宿の7店舗程回り、最終的に私が買ったのはmont-bellのチャチャパック 45。
新宿に行けば必ずあなたのお気に入りのバックパックが見つかります。(逆に新宿になければどこにもない。)

もし1店舗だけ行くなら?→6番目の石井山専で間違いないです。
お店の広さ、品揃え、価格帯すべてにおいてダントツ1位。
石井山専だけで十分です。

ここでは私が回った順にバックパックを買える店を紹介していきます。

1.OSHMAN'S 新宿店【オシャレなタウン仕様多し】【東南口GAP上】

OSHMAN'S NO.1の売場面積で充実の品揃えです。
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-37-1 Flags 5F / 6F
Tel. 03-3353-0584
営業時間 : 11:00~22:00 / 不定休

バックパッカー旅行に使えそうなバックパックコーナーはこの1角のみ。

新宿店はOSHMAN'Sの中でも最大の面積を誇るとのこと。

新宿駅東南口を出てすぐにある。
GAPの入ってるビルの6Fである。

オシャレなタウンユース向けのカバンが中心で、バックパッカーに使えそうなのはあまりなかった。
自転車乗るサイクリストコーナーがあってそこにも大き目のカバンがあった。

バックパッカー旅行から帰ってきた後、そのバックパックを普段使いもしたいというなら行ってみてはどうかな?

最大サイズは~50Lぐらいだった気がする。

この店でかっこいいと思ったのはこれ。
THE NORTH FACEのテルス45.
(他の店にもだいたい売ってる)

でもこの色はTHE NORTH FACEの公式通販サイトにはなかった。

公式サイトでは  22,680円(税込)  であり、
OSHMAN'Sでも全く同じ定価販売である。

バックパックはほとんど値引きがない。
他の店舗でも安い店というのはなかった。
定価で買うことになるだろう。

インドに旅行行くにあたって、普段使っているヴィトンの財布は持っていけないよね、盗まれるかもしれないし、インド汚いから汚れちゃうし。

そこで旅行用の財布が欲しくなると思うんだけど、ここではCHUMSの財布がいろんな種類があってかわいかった。写真のは3028円(税込)

2.モンベル 新宿南口店【モンベル商品はここでしか買えない】【南口ファーストキッチン近く】

約220坪の店内では、各種アウトドア用品を取りそろえ、経験豊富なスタッフが皆さまのアウトドアライフをしっかりとサポートさせていただきます。
住所 151-0053 東京都渋谷区代々木2-4-9 NOF新宿南口ビル1階
TEL 03-5354-5542
FAX 03-5354-5543
営業時間 10:00~21:00
定休日など 年中無休

モンベルはモンベル専門店であり、モンベル商品のみ取り扱う。
逆に他の店に行ってもモンベルのバックパックは取扱いがなかった。
モンベルのバックパックはここでしか買えない。

各商品に写真のように説明がしっかりついていてわかりやすい。

一目見てこの赤色が気に入った。
赤の発色がかっこよかった。
てかりぐあいもかっこいい。

これはチャチャパック 45というバックパッカーに人気の商品。
ネット上での評判もよく、最終的に私もこれを買うことになった。

45L以上、例えば60Lぐらいになるとモンベル内の「ZERO POINT」という別レーベルのバックパックもある。

モンベルは総合アウトドアメーカーである。
容量も90L以上のエクスペディションというシリーズもあり、半年以上の長期バックパッカーも一度行ってみることをおすすめする。

他のブランドの同じ容量のバックに比べて、モンベルの商品は2割ぐらい定価は安い気がした。

上の赤いチャチャバック45はこの店では14800円(税抜)。
これはオンライン公式ショップの定価と同じ。

モンベルで店員さんにバックパックの背負い方を教えてもらった。
バックパッカー旅行から帰ってきたら登山もしたいと私は思っていて、赤って熊を刺激しないですか?と質問したら、それはないです。と答えてくれた。

ほとんどのバックパックは海外ブランドだが、唯一このモンベルは日本のブランド。(製造は海外だけど)

やはり日本のブランドの信頼感があるし、応援したくなる。

3.ICIスポーツ 新宿西口店【キャリー付きバックパック有】【LABIヤマダ電機の裏】

「山とスキーの総合専門ショップ」です。
住所 東京都新宿区西新宿1-16-7 IDSビル 1F~4F
電話番号 03-3346-0301
営業時間 通常営業時間 11:00~20:00

オスプレイ カリマー ドイター グレゴリー ノースフェイス など海外ブランド中心に豊富な品ぞろえ。

手前の方に、聞いたこともないようなチープなブランドのバックパックがあって、確か45Lが1万円ぐらいで安かった。
とにかく安くバックパック手に入れたいなら、ちょっと行ってみて。

オスプレイはインドで出会った日本人女性2人組がおそろのを使っていた。
インドの列車内で出会った外国人女性もオスプレイのバックパックだった。
バックパッカーに人気なのか?オスプレイ。
自分は聞いたことなかったけど。

バックパックというのかわかないが、キャリー(コロコロ)がついた背負えるバッグも売っていたのが印象的。
ポップもしっかり作りこんでいて、たしか6種類ぐらいあった気がする。

キャリー付きは多分完全に旅行用である。
インドに行った時にキャリーバックだけで旅行している人もいたので、背負うの嫌っていう人はキャリー付きを検討してもよいかもしれない。

普段の国内の帰省や旅行にはかなり使えると思う。

4.小田急ハルク B1F ハルクスポーツ【オシャレ】

〒160-8001 東京都新宿区西新宿1丁目1番3号
TEL:03-3342-1111
朝10時→夜8時30分※日曜・祝日は夜8時まで

百貨店だけあって、ちょい金持ちのお客様を相手にしているからか、他のアウトドアショップとは違う雰囲気。

扱っているブランドもグレゴリーやミレーなど、他のアウトドアショップと同じはずだけど、なんかオシャレに見える。

オシャレなバックパックを探している人、
一歩高品質なバックパックを探している人はちょっと覗いてみると幻の商品に会えるかもしれない。

ブランドごとの店舗構成になっていて、コロンビア、ノースフェースプラス、ジャックウォルスキンなどもあった。

5.ドンキホーテ 新宿東口本店【バックパックはなかった】【旅行雑貨がそろう】

住所 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-16-5
電話 03-5291-9211
24時間営業 /定休日なし

既に4店舗を回ってかなり疲れていたが、頑張って東口方面もまわっていく。

ネットでバックパックならドンキホーテでも買えるんじゃないか という書きこみを見たので、検証のため訪問したが、残念ながらバックパックは売ってなかった。

普通のカバンコーナーはあった。
でもバックパッカー向けのバックパックはなかった。

コールマンの30Lが1万円。
30L以上入りそうな気がしたけど、ドンキホーテのマックスはこれですね。

ドンキホーテはバックパックは買えないけど、その他の旅行で必要となりそうなものは何でも揃う。そういう意味で来てみる価値はある。

例えば肌着とか靴下、パックで安く売っている。
あとは海外用の電源プラグとか。

6.【★1軒だけ行くならここ★】石井山専 『ビックロ新宿東口店内8F】

正直この店、最強です。誰かが「バックパックどこに売ってるのかなー?」と聞いてたら、この店を教えてあげてください。この店にバックパック存在しうるのはすべて売ってるんじゃないかと思うほどの品ぞろえ。店内も広く買い物しやすい。
モンベルは売ってないので、この店と1.のモンベルを行けばバックパックは必ず買える。

店内写真を撮らなかったのですが、店内が広い。
バックパックコーナーは都内で随一の品ぞろえ。
価格帯も無名ブランドの格安・アウトレット品~オスプレイ、ノースフェイス、グレゴリーなど有名ブランドまで幅広かった。
大きさも街歩き用のデイバック~長期旅行に使える90L以上までありとあらゆるバックパックがそろう。

どれだけ形用してもこの店の存在意義は筆舌に尽くしがたい。

時間がない方も、時間がある方も、バックパックを必要としている旅人はこの店ですべてが事足りる。

phenixとかいう他の店では見かけなかったブランドもいくつかあった。

1 2