1. まとめトップ

はじめてみよう!「づんの家計簿」 書き方まとめ

鹿児島で二人のお子さんの育児中の主婦、づんさんの美文字で細かくまとめている家計簿が注目されています。書き方をまとめました。

更新日: 2015年10月06日

1504 お気に入り 1938473 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sheherherさん

「づんの家計簿」が話題です

づんの家計簿、1ヶ月つづけてみて今日集計しました。買ったものぜんぶ書かなくちゃなので、自然と買う量をセーブしちゃうのか(レコーディングダイエット的なきもち)先月より16000円近くお金が余りました!わーい!効果を実感したので、がんばって続けたいです!

づんの家計簿はじめました笑 新しい車も欲しいし、 マイホームも建てたいし 気張らずがんばろーっと⍢⃝

「づんの家計簿」とはどんなもの?

節約しなきゃとよく言いますが、
まずは自分の買い物傾向に気付き、
買わなくて良かったものに気付き、
我慢することも大事ですがそればかりだと
辛くなるので“改善していく”という
前向きな気持ちを持てば楽しく自然と節約に結びつくと思います

支出の内訳と傾向を細かく記入し、把握する。その上で無理のない節約、倹約を行っている。

続くか続かないか興味半分で家計簿をつけようとすると目的がイマイチ定まってなくて結局挫折してしまいます。
把握したい、やりくりしたい、不安から解放されたい、心に余裕を持ちたい、貯金したい、夢を叶えたい、何かしら目標を持ってやる気になれば継続は力なりです!

無印のバインダーに方眼ルーズリーフA5サイズ

左が毎月給料日に明細書を記録する一覧表2015年のページ、右は毎月1万ずつ天引きされる貯金の一覧のページ

「づんの家計簿」の書き方

・無印のA5バインダー
・方眼ルーズリーフ
・インデックス
・クリアポケット
・ペン(シグノの0.28と0.38)

給料日からではなく、毎月1日から書き始めます。

❁月初めのページの書き方
真ん中横線を引き、真ん中から下は 方眼7マスおきに縦に線を引きます(左用紙)。
次の追加ページは上から下まで7マス置きに縦線を引きます(右用紙)。


左用紙の左上に2015.◯月 と書き、その右横にその月の収入額を書いています。(給料+育児手当+臨時収入)
半分から上からのスペースは毎月必ず出る支払いの項目をあげています。

(オレンジ色のペンは説明用)

まず左縦一列に毎月必ず支払う項目をあげています。
そして合計した数字Bを収入額Aから引き、その月の残金がいくらか把握しています✨

続いて右側の空間の書き方は、基本自由です(笑)
私はその月に出る予定の大きな金額の出費や夫にこういう支払いがあるけん!って言われたのを忘れないようにリストアップしています。

右下の青ペンの部分は貯金事項を書いています。

その月の出費をすべて時系列に書き出しています。
⚫︎日付
⚫︎店名 品名 金額
を書いていきます。

※1…一つのお店で複数買った時の合計金額を書いています。
※2…支出の合計金額を出します。その日の合計ではなくて、上書き合計を書いています。
※3…店によって、単品価格が税込と税抜きとあるので、税抜きのお店のレシートの時は、緑の数字のように税込価格を電卓で出して書いてます。
※4…財布の中のお金の残金を書いてます。
訂正!!3日の残金23274円ではなく24613円、4日の残金21233円ではなく22572円です。

基本的に毎日記入。
でも、後からレシートが出てきたりしたときはそのときに記入。支出を把握するのが目的なので時系列にならなくてもよい。

クレジットでの支払いも現金での支払いも、お金の出所は同じなので、書き方は同じです✨

7/7 イオンでクレジットで買い物したという例をあげました。
金額の下に黒と青と赤以外の違う色のペンでアンダーライン引いてます。それだけです(*・∀・*)ノ
月末の集計の時にクレジットの合計金額を出すことで、次の月に届く請求の心構えしています✨

金額にラインを引く。
チャージ(入金)を書くと、財布の残金が合わなくなるとのことだったので、◯◯円チャージ とメモして、現在の財布の金額を記入

⚫︎お店の名前
⚫︎品名
⚫︎支払った金額
この3点をしっかり記入すれば、書き方は自由なんです!
でも統一することは必要になりますのでごちゃごちゃにならないようにすることも大切です。

例をあげてあるように、日付を書いたら、店名をドーンと書いて色ペンで囲みます。その下に品名を書き、値段を書きます。
ポイントを利用したパターン
➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖
品名 単品価格
合計金額−ポイント(1674p)=支払った金額
➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖
そして尚且つ、支払い方法が クレジット なので 支払った金額に(クレジットはオレンジ色と決めてます)オレンジペンでマークしてます。

サンワさんのお店で7880円の買い物をポイントで0円になったという例を追加で書きました。
そして、7/7までの上書き合計16503円にプラスして、
楽天ブックス 1296円
ナチュラヴィ 1944円
サンワさん 0円
7/9の上書き合計 19743円
という感じになります✨

例) 7/11
aさんの結婚祝い祝儀の30000円、車の任意保険28000円の出費があったと仮定します。
なんの支払いかを書いて金額を書き、自分が分かりやすいようにマークします。(緑の蛍光ペンでマークして紫で金額を囲んでます)
さらに同じ日にイオンとディオで買い物もしたということで、いつも通り記入します。
上書き合計の時に、特別出費は計算に入れていません。
7/9の19743円にプラスするのは
イオン 1342円
ディオ 456円
7/11の上書き合計 21541円 と書きます。

この月の集計を取るときに、半分から上の右側の自由に書くスペースのところにも書くようにしています。

すぐに今月の累計をさっと書けるように、他のページに、貯金リストを作成。

◯月 ◯◯(金額)
たったこれだけをずらーっと記入。

今月のところにマーカーで印をつけて、今月の貯金累計をこのリストを見て書き出しています✨

赤い字は家族の誕生月の横に年齢を書いてます。何才の時にいくら貯まってるってのが一目見てわかりますね

30日又は31日の記入が終わった時点ですでに生活費の合計が出ています。
その下に1ページ目の上段で書き出した固定費合計額を足して、すべての合計を出します。
そして収入額を書いて、差額を出し、、今月どのくらいの支出だったのか、赤字or黒字がどれくらいなのか
把握します。

そのまま空いている余白に、集計&今月の反省点といった感じで好きなように書いてます。

自分の知りたい“よく買うなぁ〜今月合計いくら買ったんだろう”って思ったのをピックアップし、内訳を書き出す。
気づいた点や反省点や多かった出費の理由など空いてるスペースに書いて、後から見たときに調べ直さなくていいようにしてます。

集計が終わった後に〆日の時点で“残金を記録。
⚫︎各通帳の締め日時点の残金
⚫︎財布の締め日時点の残金
⚫︎図書カードや商品券やクオカードなど
⚫︎金庫(右上のがま口❤️)

夫の収入と明細を記入。
毎年どのぐらいアップするか把握する。

年間を通して見比べやすいように一覧表にまとめる

お小遣い制ではなく、夫が必要な時に必要な金額を言ってくるので、渡す。
家計簿には支出の欄に“飲み会 3000円”と記入しています。

まず、なんの行事でもらったのかわかるようにイベント名を書いてます。
出産祝いだけ、名前の前にチェック欄を設けて、お返ししたかチェックします。
名前と品・祝儀の金額を書いてます。

お祝いもらって、お返ししたか☑︎
その人が結婚した時にお祝いを渡したかでチェック。

項目別に一覧表を作成。
支払額の推移が分かるようにする。

1 2