1. まとめトップ

細胞内のオートファジーの仕組みを発見した東京工業大学の大隅良典特任教授についてまとめ

細胞内のオートファジーの仕組みを発見した東京工業大学の大隅良典特任教授についてまとめ

更新日: 2015年12月19日

1 お気に入り 8811 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hcheckinさん

細胞内のオートファジーの仕組みを発見した東京工業大学の大隅良典特任教授

大隅良典栄誉教授は、細胞内のタンパク質などを分解し、リサイクルする「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる現象を解明した

「オートファジー(自食作用)」の働きに異常があると細胞にごみがたまり、がんやアルツハイマー病などにつながるとされ、大きな研究分野に発展している

大隅 良典(おおすみ よしのり、1945年2月9日 - )は、日本の生物学者(分子細胞生物学)。学位は理学博士(東京大学・1974年)。総合研究大学院大学名誉教授、基礎生物学研究所名誉教授、東京工業大学フロンティア研究機構特任教授。基礎生物学研究所教授、総合研究大学院大学生命科学研究科教授などを歴任した

専門は生物学であり、特に分子細胞生物学などの分野を研究している。オートファジーの分子メカニズムや生理学的な機能についての研究が知られている。その研究論文は他の研究者から多数引用されており、2013年にはトムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞している。そのほか、藤原賞、日本植物学会学術賞、朝日賞などを受賞している。2006年、日本学士院は、大隅の業績について「一貫してオートファジーの分子機構の解明に正面から取り組んでおり、他の追随を全く許さない研究を続けている」と高く評価し、日本の学術賞としては最も権威ある日本学士院賞を授与している

受賞
2005年 - 藤原賞
2006年 - 日本学士院賞
2007年 - 日本植物学会学術賞
2008年 - 朝日賞
2012年 - 京都賞基礎科学部門
2013年 - トムソン・ロイター引用栄誉賞『オートファジーの分子メカニズムおよび生理学的機能の解明』
2015年 - ガードナー国際賞、国際生物学賞、慶應医学賞

略歴
1945年 - 福岡県福岡市にて誕生。
1963年 - 福岡県立福岡高等学校卒業。
1967年 - 東京大学教養学部卒業。
1972年 - 東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得満期退学。
1974年 - ロックフェラー大学博士研究員。
1977年 - 東京大学理学部助手。
1986年 - 東京大学理学部講師。
1988年 - 東京大学教養学部助教授。
1996年 - 基礎生物学研究所教授。
2004年 - 総合研究大学院大学生命科学研究科教授。
2009年 - 基礎生物学研究所名誉教授。
2009年 - 総合研究大学院大学名誉教授。
2009年 - 東京工業大学統合研究院特任教授。

今年のノーベル賞、生理学・医学賞で大隅良典博士に期待しています。 #nhk2

今年は大隅良典(おおすみ よしのり)と坂口志文(さかぐち しもん)など5名が受賞、1983年に利根川進、2009年には山中伸弥といった、日本人ノーベル生理学・医学賞受賞者もこれまでに受賞している、学術賞を何というでしょう?

@Roy1358 動画がアップされてる。 サイエンスZERO 「長寿のカギ!? 細胞内のリサイクル“オートファジー”」 ノーベル賞の登竜門と言われるガードナー国際賞を今年受賞した東京工業大学の大隅良典さん blog.livedoor.jp/hanatora53bann…

今年は大隅良典(おおすみ よしのり)と坂口志文(さかぐち しもん)など5名が受賞、1983年に利根川進、2009年には山中伸弥といった、日本人ノーベル生理学・医学賞受賞者もこれまでに受賞している、学術賞を何というでしょう?

今年は大隅良典(おおすみ よしのり)と坂口志文(さかぐち しもん)など5名が受賞、1983年に利根川進、2009年には山中伸弥といった、日本人ノーベル生理学・医学賞受賞者もこれまでに受賞している、学術賞を何というでしょう?

サイエンスZERO 「長寿のカギ!? 細胞内のリサイクル“オートファジー”」 ノーベル賞の登竜門と言われるガードナー国際賞を今年受賞した東京工業大学の大隅良典さん 2015年09月13日 - とらちゃんのラジオがいいね!! blog.livedoor.jp/hanatora53bann…

1