1. まとめトップ

【図書館戦争】ついに毬江ちゃんが実写化&地上波放送!!

「図書館戦争」の特別ドラマが2015年10月5日に放送されます。アニメでもほとんど登場せず、実写映画版でもカットされていたあのキャラクターがついに実写化・地上波放送!!

更新日: 2015年11月22日

korikori2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 31918 view
お気に入り追加

■「図書館戦争」のスペシャルドラマが放送されます

“図書館戦争プロジェクト”が始動。すでに発表された同作の続編『図書館戦争 THE LAST MISSION』の公開に加え、この秋、TBSテレビドラマスペシャル「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」の放送が決定した。

■中澤毬江役は土屋太鳳!!

出典ciatr.jp

原作ファンも注目していたキャスティング。
NHK朝ドラ「まれ」で人気急上昇中の土屋太鳳さんが演じます。

・あらすじ

ある日、郁は図書館で聴覚障害のある女子高生・中澤毬江(土屋太鳳)と知り合う。毬江は堂上班の先輩・小牧幹久(田中圭)の幼馴染で、小牧にお薦めの本を教えてもらって読んでいるという。毬江の中に小牧へのほのかな恋心を感じ取った郁。その頃、図書館の窓口業務をする柴崎麻子(栗山千明)は、朝比奈修二(中村蒼)と名乗る学芸員の男性と頻繁に会うようになっていた。麻子のことが気になっている手塚光(福士蒼汰)は複雑な心境だ。

そんな時、小牧が検閲機関である良化隊に突然身柄を拘束される。小牧が毬江に薦めた本が障害者に配慮しておらず不適切だったというのだ。理不尽な理由で小牧は連れ去られ、堂上や郁ら図書隊員たちは怒りを覚える。

■中澤毬江とは

堂上の親友・小牧の幼なじみ。やがて恋人になる。

小牧より10歳下の幼馴染の少女。
中学3年生のときに突発性難聴という病気にかかり、右耳は完全に聴力を失い、左耳も補聴器なしでは聞こえないという状態に陥った。
小牧を幼少の頃から慕っており、小牧に恋人が出来る度に胸を痛めていた。後に小牧の恋人となり、大学卒業後には結婚する約束をしている。

■毬江ちゃん実写化にファンの反応は・・・

明日は図書館戦争スペシャルドラマか……それも楽しみすぎてヽ(;▽;)ノ 小毬!!(_・ω・)_バァン 予告の毬江ちゃん可愛かった……

明日のドラマは小牧教官と毬江ちゃんのお話。 耳にハンデがある毬江ちゃん。 原作で毬江ちゃんが勇気を出して声を出すシーンは誰もがグッとくる

小牧と毬江ちゃんの話しをドラマでやってくれるのほんと嬉しい!

図書館戦争アニメの時は毬江ちゃんは特典映像でしか出せなかったし実写化でもどうせ無理なんだろハッとか思ってたのに今日小毬観れるの本気でドラマ見ながら泣けそうなほど感慨深い

原作の有川先生的にも毬江ちゃんを出してあげられたことが嬉しいと。 私も嬉しいです!!(´;ω;`)

さて今日は『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES』放送!!CMとか見てると私の大好きな『恋ノ障害』がベースになってる感じ。原作でもアニメでも号泣した話が実写化なんて…レッスンがあるからリアルタイムでは見られないけど見るときはタオル片手に見なくては!!

今日!!!毬江ちゃんと!!!小牧教官!!!実写版!!!はあああやく観たい!!!

■アニメ化の時は「自主規制」のため、毬江のシーンはカットされていたのです

『活字倶楽部』2008年秋号の有川浩ロングインタビューの中で、アニメ版『図書館戦争』のこんな裏話が披露されていた。

有川 (中略)例えばアニメで、小牧と毬江のエピソードが地上波で放送されなかったのは、毬江が聴覚障害者だという設定だったからなんです。毬江のエピソードはTVではできません、ということがアニメ化の大前提だったんです。それを了承してもらわないと『図書館戦争』はアニメ化できません、と真っ先に言われたことがとても衝撃的でした。(後略)

■この対応に、ファンはもやもやしていました・・・

そうか…毬江ちゃんの話は放送規制に引っかかるから地上波放送できなかったのね…

@yaitobana しかし、毬江ちゃんの地上波NGがアニメ化の条件であったこと。劇場版で郁の本が検閲対象になった理由が「乞食」という言葉で無いこと。これらはメディアが少しずつ規制されているせいではないのでしょうか。

@grass_bb 学生時代以来読んでないから久しぶりに読みたくなってしまった。小牧さんと毬江ちゃんのカップルが個人的に好きなんだけど、実写映画では色々表現規制があるからあの辺の話は出来ないだろうね・・・ドラマ明日も見よう!

確かにアニメ版では毬江ちゃんの話は規制かかって放送出来ないからDVD版だけで切なかったからなぁ( ;∀;)

アニメ作った時は毬江ちゃん出せなかったんだよね、聴覚障害者だから自主規制かかって。検閲と戦う話なのに屈せざるを得なかった。毬江ちゃんは本当の意味でこの物語の希望。

■「図書館戦争」の劇中作である『レインツリーの国』に先を越されたことにもモヤモヤ・・・

1 2





korikori2さん

このまとめに参加する