1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

卓越した柄本の演技力にある。

「あのニタリという冷たい笑いをキモいと思っていたけれど、井戸の中ではつを抱きしめるシーンを見て、すっかり惣兵衛推しになりました」(64才主婦)

「陰湿キャラだったのに、ふとしたときに優しさが垣間見えて、目が離せません」(43才・パート)といった具合で、高視聴率の立役者となっている。

 柄本は演劇一家で育ってきた。父は俳優の柄本明(67才)、母は女優の角替和枝(61才)で、弟は俳優の柄本時生(26才)。小学生のときは、学校が終わると家ではなく、演劇の聖地・本多劇場(東京・下北沢)に“帰宅”するほどだった。中学生になるとオーディションを受けて主役を射止め、2003年に映画『美しい夏キリシマ』で本格的に俳優デビュー。その後、ドラマ『ゲゲゲの女房』(NHK)、『医龍』(フジテレビ系)、『天皇の料理番』(TBS系)、映画『横道世之介』『武士の献立』などで、幅広い役を演じてきた。

嫁入り道具の総額がいくらかだったかについて祖母が話したことはなかったんですが、とにかく豪華でした。家紋入りの桐たんす、それにかける家紋入りの布、着物、家紋入りの長持、そのなかには新品の布団類、ひな人形一式、お琴の大小一式、おつきの女中、鏡台…。基本的に住む家は花婿側が用意して、そこで使う家具一式は花嫁側が用意するものだったそうです」

 儀式作法研究会代表・結納コーディネーターの岩上力さんが言う。

「幕末の、さらに、京都の豪商の嫁入り道具は、正直言って、金銭的なものに換算できないんです。商人の家に代々受け継がれている目録はあるんですが、どういったものが何点あるかまでは書かれていないんです。ちょっとした漆器でも、何十万円もして、それが何百点もあったようですし…。当時のお金で千両、今でいう5000万円は下らなかったと思われます」

放送中のNHK連続テレビ小説「あさが来た」(毎週月~土、あさ8時)のヒロインを演じる女優の波瑠が、体調不良からの回復を報告した。

モデルで女優の波瑠さんが主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あさが来た」の初週「小さな許嫁(いいなずけ)」(9月28日~10月3日)の週間平均視聴率が20.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出)を記録したことが分かった。「まれ」の初週(3月30日~4月4日放送)の週間平均視聴率20.6%(同)にはおよばなかったが、20%の大台は堅持した。

 「あさが来た」は、京都の豪商の次女・今井あさ(波瑠さん)が大阪で炭鉱、銀行、生命保険などの事業を起こし、日本で初めての女子大学設立に尽力する姿などを描く。あさのモデルは“明治の女傑”といわれた実業家・広岡浅子。宮崎あおいさんや寺島しのぶさん、玉木宏さんらも出演している。朝ドラでは初めて幕末から物語がスタートしたことも話題になっている。

 9月28日に放送された初回の平均視聴率は21.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、朝ドラの初回視聴率では、2013年前期の「あまちゃん」から6作連続で20%超え

1