1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tarokunnさん

"ケアマネジャー"とは?

高齢者とその家族の支援者、ケアマネジャー

介護保険制度の中核を担う存在です

ケアマネージャーとは、要支援・要介護者本人やその家族からの相談に応じ、適切な介護サービスを受けるために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことです。

希望に沿った適切なサービスを利用できるように、市区町村や居宅サービス事業者、介護保険施設などとの連絡や調整を行う専門員でもあり、介護保険制度の中でも、中核を担う役割を持っている職種なのです。

詳しい業務内容は?

高齢者の方は、身体的、精神的、経済的、環境要因等の問題を必ず抱えています
問題解決に導くマネジメントが、ケアマネにとって必要なスキルといえます

主な業務は以下のとおりです。
要介護認定に関する業務
・申請の代行
・認定調査の受託
介護支援サービスに関する業務
・課題分析(アセスメント)
・介護サービス計画(ケアプラン)の作成
・サービスの仲介や実施管理
・サービス提供状況の継続的な把握および評価
給付管理に関する業務
・支給額限度額の確認と利用者負担額の計算
・サービス利用票、サービス提供票の作成
・給付管理票の作成と提出

上記の業務が主な業務です
一番大事なのは、問題解決・目標達成に導くまでのケアマネジメントもしくはソーシャルワークです

ケアマネジャーのやりがい、楽しさ

包括的なコーディネートを任せられるのは、プレッシャーがあるかもしれませんが、やりがいは大きいのです

介護を必要としている人、その家族は日常生活を送る中でいろいろと困った事態に直面する可能性は高いです。この時に介護支援専門員として、いろいろと救いの手を差し伸べられるのは大きなやりがいになります。

自分が関わることで、利用者の生活状態が良い方向に変わっていくというところは、ケアマネジャーの仕事の醍醐味です。

介護支援専門員は、ケアプランを策定して必要な介護サービスが受けられるように周辺機関と調整します。このため、事業所の同僚以外の人たちと交流ができ、人脈を広げられるところにやりがいを見いだしている人も多いです。行政機関や医療機関とコミュニケーションをとる中で、専門業種との接触を経験できます。

ケアマネジャーの活動領域

いわゆる「居宅」
いつまでも自宅で暮らしたいと思っている方がほとんどなのです

「居宅介護支援事業所」
多くのケアマネジャーが活躍しているのは、自分の家で暮らしたいという高齢者のケアマネジメントを行う「居宅介護支援事業所」です。自宅で可能な限り自立した生活が送れるよう、社会資源やサービスを駆使して支援します

地域包括支援センターの主な募集は主任ケアマネジャーですが、ケアマネジャーでも包括の業務を行うことはできますので、チャンスはあります

「地域包括支援センター」
保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員などで構成され、主に地域の高齢者の方のために役立てられています。地域包括支援センターでは、介護予防に関する取り組みや、地域の福祉ネットワークづくり、高齢者の権利擁護などを行う包括的な取り組みが行われています。

施設に必要な施設ケアマネ
特養、老健、グルホ等、それぞれの施設の特徴は違います

小規模多機能等、在宅と施設の中間の施設もございます

「介護保険施設」「特定施設」「グループホーム」等の施設
通称「施設ケアマネ」。それぞれの施設の目的は違いますが、ご利用者が可能な限り自立した生活が送れるよう、ケアマネジメント業務を行います。個別援助計画の色が強いケアマネジメント業務です。

ケアマネジャーは民間資格なの?

ケアプランを作れるのはケアマネジャーと本人によるセルフプランだけ

国家資格化も検討しているようですが、筆者はあまり興味ありません、現状認知もされていますし

ケアマネージャーは、『任用資格』に値するものなのです。任用資格とは、各都道府県知事が主体になって資格取得の為の試験を行うもので、合格し資格取得するとその資格の値する業務に任用されるための資格になります。

国家資格にはしづらい資格です。全国的に同じ基準で研修が出来るか否か・・・ローカルルールは確実に存在します、各都道府県レベレルでの運用の差は歴然です。

ケアマネジャーになるにはどうしたらいいの?

ケアマネジャーの合格率は20%を切っています

最低限の知識をつけないといけない為、簡単な試験ではないと思います

まず筆記試験である「介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネジャー試験)」に合格しなければならず、 その受験資格は下記の医療・福祉関係で一定期間の実務経験が必要となります。

・ 医師・歯科医師・薬剤師・保健師・助産師・看護師・準看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士・視能訓練士・義肢装具士・歯科衛生士・言語聴覚士・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士(管理栄養士含む)・精神保健福祉士の資格を持ち実務経験が5年以上の者
・ 相談援助業務の経験が5年以上ある者
・ 社会福祉主事任用資格又は介護職員初任者研修等の修了者で、実務経験が5年以上ある者。(平成29年度の試験まで経過措置)
・ 介護などの実務経験が10年以上の者など。(平成29年度の試験まで経過措置)

ケアマネジャーまとめ

1 2