1. まとめトップ

Android Studio 1.4 : 初心者向けチュートリアル

1.4 にアップデートされて、テンプレートが変わっていたり、Activity が AppCompatActivity になってたりしていますが、基本は同じです※ Android5.1(Lollipop)で運用しています

更新日: 2016年12月09日

nightwalkerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 4853 view
お気に入り追加

SDK Manager で最新の環境を更新します。
特に、Hardware Accelerated Execution Manager (HAXM)
が最新のものがダウンロードできたか確認し、
前のバージョンを削除して最新のものをインストールします

この後変わります

Blank Activity が選択されていますが、Empty Activity 選択しましょう。

以前の Blank Activity からメニュー処理が削除されているので、かえって都合がいいです

スキンが派手です

シンプルにしたい場合は、styles.xml の item 要素をコメントにします

スキンが変更されました

メニューがほしい場合は、res に menu フォルダを作成して、menu フォルダを右クリックすると、一番上が Menu Resource File になっているので選択します

File Name に menu_main を入力します

内容を以下に書き換えます

xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto" が前と違います
strings.xml の内容も一つしかないのでそれを使って、ID も変更してあります

<menu xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
tools:context=".MainActivity">
<item android:id="@+id/menu_test"
android:title="@string/app_name"
android:orderInCategory="100"
app:showAsAction="never"/>
</menu>

ソースのほうは以下を追加します

@Override
public boolean onCreateOptionsMenu(Menu menu) {
getMenuInflater().inflate(R.menu.menu_main, menu);
return true;
}

@Override
public boolean onOptionsItemSelected(MenuItem item) {
int id = item.getItemId();

if (id == R.id.menu_test) {
return true;
}

return super.onOptionsItemSelected(item);
}

1





このまとめに参加する