1. まとめトップ

知らなかった…薬が人を殺している! 【常識はウソだらけ】

人間はどこかで薬に頼りたくなる時があると思いますが、そんな時に薬の実情を知っているのと知っていないのとでは大違いです。

更新日: 2016年01月31日

sting222さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 3979 view
お気に入り追加

実は一般的に「効く」と信じて飲まれている薬の大半は効果がないどころか、危険な副作用で健康を損なうものばかりなのです。

身近な胃薬だが、アルミニウム入りのものは認知症を発症させる恐れすらあるという。

このたび、内科医の内海聡先生が「薬が人を殺している」という本を出版されました。

ネットに無縁の人にはこの本を読んでいただいて、薬に対する認識を新たにされた方が良いと思います。

人間はどこかで薬に頼りたくなる時があると思いますが、そんな時に薬の実情を知っているのと知っていないのとでは大違いです。

どれだけ無駄な医原病が作られ、どれだけ無駄な薬が使われ、どれだけ社会毒とよばれる原因物質が現代の病気を作っているか

医学界の中でもっとも嘘と誘導がはびこり、薬漬けやいい加減な病名がはびこっている分野こそ精神医学分野なのです。

皮膚から吸収される化学物質系の毒も危険性が指摘されています。

皮膚や粘膜からの毒性物質の吸収率はむしろ高くなるため、日々使う洗剤、せっけん、シャンプー、リンスなどについても意識する必要があります

予防接種や胃薬も危険?同書は健康診断から、うつ病、脳卒中まで取り上げる話題も幅広い。

身近な胃薬だが、アルミニウム入りのものは認知症を発症させる恐れすらあるという。高齢化社会に突き進む日本では、目を背けることはできない事例だ。

1 2





sting222さん

みなさんの役に立つ楽しいまとめを作っていきたいと思っています。
★を押してお気に入りにご登録ください。

いろいろな情報がありますので、判断はご自由にどうぞ


このまとめに参加する