1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

文部科学省、高校生の政治活動を容認へ…ネットでは色々な意見が出ている

来年の参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることに伴い、文部科学省は、これまで禁じていた高校生の政治活動を一定の条件のもとで認める新たな通知案を取りまとめました。ニュースをまとめ。

更新日: 2015年10月06日

21 お気に入り 14557 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○高校生の学外での政治活動認める新通知案

来年の参院選から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることに伴い、文部科学省は、これまで禁じていた高校生の政治活動を一定の条件のもとで認める新たな通知案を取りまとめました。

通知案では、高校生の政治活動について、「学外では、学業や生活に支障が出ないこと」など、一定の条件のもとで認めるとしています。

文部科学省は、高校やPTAなど関係者に意見を聞いた上で、今月中に都道府県の教育委員会などに通知したいとしています。

恥ずかしながら、高校生の政治活動が禁止されてることを最近までしらなかった。つまり、その事を知らずに高校生活は終わってた。

○背景には安保闘争や大学紛争

学生運動の拡大などを受け、文部省(当時)は1969年、高校生の政治活動は「教育上望ましくない」として、ビラ配布や集会参加などを全面的に禁止する通知を出していた。

教育現場の正常化を求める関係団体やPTAなどからの要請を踏まえ、高校生の政治活動を禁止する通知を出した。

安保闘争や大学紛争が高校にまで広がり、一部で授業妨害や学校封鎖が起きたことが背景にあった。

○自己判断で参加してよいことになる

通知案は、放課後や休日の校外での政治活動や選挙運動を「家庭の理解の下、生徒が判断し、行うもの」と容認。

例えば、政治家や市民団体が政策を議論する集会への参加は、これまでは望ましくないとして指導対象とされてきたが、自己判断で参加してよいことになる。

○学業や生活に支障が出る恐れがある際は禁止を含め適切に指導

ただ、暴力的な活動や、生徒間で政治的な対立が生じて学校教育に支障がある場合は、禁止も含めた指導を求める。

生徒が政治活動に熱中するあまり学業や生活に支障が出る恐れがある際は禁止を含め適切に指導するとした。

○高校生の政治活動に賛成の声

高校生が政治活動に参加するのは賛成だけど、どうやって周囲が政治的中立を保てるか、がかなり問題になると思う #nhk24

#nhk24 高校生も政治の勉強をするのはいいこと。ぜひ世の中を変える人材が出てきてほしい。

高校生が政治活動するのはいいと思うけど、それならもっと勉強してから参加してほしい

○しかし、反対意見も出ている

1 2