1. まとめトップ

腐女子向けおそ松さん 3.5話 25話元ネタ BL制 V6 パロネタ うたプリ 2期キター

こりゃ銀魂だなW 既視感には理由が・・・ パロディ多すぎて処理追いつかないW まさに1話は伝説になりました。2話以降が本当に心配ですWW

更新日: 2017年09月08日

151 お気に入り 1047731 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

なんですと!!

第2期の制作陣は、監督に藤田陽一氏、シリーズ構成に松原秀氏、キャラクターデザインは浅野直之氏、アニメーション制作はstudioぴえろと第1期のスタッフが再集結。6つ子役も、長男・おそ松役に、櫻井孝宏、次男・カラ松役に中村悠一、三男・チョロ松役に神谷浩史、四男・一松役に福山潤、五男・十四松役に小野大輔、末っ子・トド松役に入野自由らが続投する。

・櫻井孝宏(長男・おそ松役)
え?ウソ!?マジでっ!?いやいやいや!ヤバいって!ダメだってば!
考え直した方がいいって!ガンバります!

・中村悠一(次男・カラ松役)
まさかの2期…反響ありつつも何もないまま過ぎて行く時間に『きっとこの作品をまた作るというのは許されない事なのだろう…』なんて考えていましたが、やっぱりきましたね(笑)
再び毎週笑顔を届けられるよう精一杯やらせて頂きます。

・神谷浩史(三男・チョロ松役)
皆さん!お待たせしました!って、今はすぐに「オワコン」って言いたがる人が多いので、本当に待ってくれているか心配ですが…とにかく続きをやります!やらせてください!お願いします!また思いつく限りの馬鹿をやりますー!

・福山潤(四男・一松役)
アノどうかしてる6つ子のどうかしているアニメがどうにかして二期をやることになったと聞き本当にどうかしていると思うのですがどうにかしてでもまたやりたいと思っていた自分もまたどうかしているという自覚があるのでここはどうにか素直に喜んでいる次第ですからどうか皆さまどうにかこうにかまたよろしくお願い致します。

・小野大輔(五男・十四松役)
皆様の応援のおかげでついに第2期です。ありが盗塁王!今期もまた声の続くかぎり、ハッスルしてマッスルしたいと思います!

帰ってくるんだ?WW ありがたや です

・入野自由(末っ子・トド松役)
遂に2期!? 多分面白いと思うけど、1期の方が...ってよくあるし。
変わらず、ダラ~っと頑張ります。多分面白い はず!

出F6⇒みんなでダッシュ⇒崖から落ちるチョロ~松をカラ~松ががっちりキャッチ⇒リポビタンDのCM

「二人の男性俳優が断崖絶壁を登ったり激流へと乗り出したりと、常にコマーシャルを見ている視聴者がハッとするような様々な困難に立ち向かう姿を見せ、その最も困難な場面において、ここぞというチカラを振り絞りながら「ファイトー!」「イッパーッツ!!」と互いに叫びあい困難を乗り越える」という印象的なものであるが、このような男性俳優二人の起用によるコマーシャル形態をとったのは1977年以降のことである。その当時からテーマは常に「努力・友情・勝利」[4]。スタントマン等は使わず危険なアクションの全てを出演俳優自身が行っている。2009年6月に400作を超えた[5]。また、試験管が集まって回るシーンや親指1本でキャップが回転し瓶口から外れるシーンも有名である。

健康食品として飲用される。多くの場合、粉末の状態で商品化されている。色が緑なのに「青」汁としているのは、野菜を「青菜」などと表現する日本語古語での用法の名残である。
当初はまずさで有名となり、バラエティ番組の罰ゲーム用品としても使われた。その後、一般化と共に品質の改良や多種化が進み、最近は大麦若葉・小松菜・ヨモギ等を使い味を改善したものが増えている。

同時にそれまで九州限定だったキューサイのCMでの、八名信夫の「まずい!もう一杯!」発言のインパクトもあり全国に知られるようになる。なお、この台詞は台本通りではなく、撮影時あまりの不味さに思わず出た言葉が採用された。

出典i0.wp.com

ちなみに後ろの爆発は戦隊ものの王道ですね

『秘密戦隊ゴレンジャー』(ひみつせんたいゴレンジャー)は、1975年(昭和50年)4月5日から1977年(昭和52年)3月26日までNET(現・テレビ朝日)系列で毎週土曜19:30 - 20:00(JST)に全84話が放送された、NET・東映制作の特撮テレビドラマ。
劇中での主人公たちのグループ名は「ゴレンジャー」。

『バロム・1』(バロムワン)は、さいとう・たかをによる漫画作品。およびそれに登場する架空のヒーローの名称。1970年から約1年間『週刊ぼくらマガジン』に連載。
東映、よみうりテレビ制作の特撮テレビドラマ作品『超人バロム・1』(ちょうじんバロムワン)として、1972年(昭和47年)4月2日から同年11月26日まで、日本テレビ系で毎週日曜19:30 - 20:00(JST) に全35話が放送された。さいとう・たかをによる原作からは、設定の一部の流用を除き、デザイン、ストーリーは大幅に変更されている。

大宇宙で何千年も戦い続ける二つの力があった。一つは、平和と正義の力であるコプー、もう一つは、悪と呪いの力であるドルゲ。
激しく永い戦いの果てにドルゲは地球に到達し、地底深くに住処であるドルゲ洞を構え、地球を悪の世界にするための活動を開始する。ドルゲ自身は直接手を下さず、人間を自らの分身=悪のエージェントとして超能力を与え、人類滅亡計画を実行させる。
コプーもまたドルゲを追い地球に到ったが、彼の生命は寿命を迎えようとしていた。
その時出会ったドルゲの戦闘員・アントマンと勇敢に戦う2人の少年、白鳥 健太郎(しらとり けんたろう)と木戸 猛(きど たけし)の友情と正義感に心を打たれたコプーは、彼らに「超人バロム・1」に合体変身(バロム・クロス)する能力を与え、ドルゲとの戦いを託したのである。
白鳥健太郎と木戸猛はドルゲ魔人に対抗する正義のエージェントとして、ドルゲ魔人探知機ボップを使い、暗躍するドルゲ魔人の企みを見破り、彼らと闘う。

70年代の「超人バロム1」の敵怪人は、全て「○○ゲルゲ」という名前なんですか?
キノコルゲやクチビルゲ、さらにはウミウシゲというのもいるため、すべてが「○○ゲルゲ」ではありません。しかし、すべて「ゲ」で終わる名前のようです。

ギルガメ⇒ギルガメッシュ⇒ギルガメッシュないと

司会
岩本恭生(開始から1997年3月まで)
鶴久政治(1997年4月から最終回まで)
アシスタント
細川ふみえ(1992年1月 - 1993年3月)
飯島愛(1993年4月 - 1995年3月)
木内あきら(1995年4月 - 1996年3月)
さとう珠緒(1996年4月 - 1997年3月)
大原かおり(1997年4月 - 最終回)
レギュラー
イジリー岡田

ギルガメッシュないと
『ギルガメッシュないと』は、テレビ東京系列局ほかで放送されていたテレビ東京製作のバラエティ番組である。実際に使用していたタイトルロゴは「ギルガメッシュNIGHT」であるが、番組表上では「ギルガメッシュないと」と表記されていた。制作局のテレビ東京では1991年10月5日から1998年3月28日まで放送。
高確率でイジリー岡田の顔のアップが出てくる展開もしばしばあった。

1 2 3 4 5 ... 27 28