1. まとめトップ

【春秋冬アウター】オススメ“定番”マウンテンパーカ10種+α【メンズファッション】

ブランドとして定番的に展開しているマウンテンパーカーのまとめ。 ●ユニクロ ●無印良品 ●フリークスストア ●コロンビア ●パープルレーベル ●アークテリクス ●シエラデザイン ●マウントレイニアデザイン ●ウールリッチ ●オールオーディナリーズ 等

更新日: 2018年02月26日

30 お気に入り 66311 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Bunny_Robberさん

コスパ重視なら

| UNIQLO【ユニクロ】

もはや国民服とも言える「ユニクロ」。昔は今ひとつだったシルエットやデザインも今は改善され、十分使えるアイテムが揃ってきています。
ユニクロのマウンテンパーカーは、クラシックなデザインを踏襲しており、生地もコットン60%ナイロン40%の「ロクヨン」を使用。シルエットはミドル〜ショートの中間位の長さでサイズ展開も4XLまで(XS・XXL・3XL・4XLはオンライン限定)。
どなたにもオススメできる一着です。

¥5,990 (税別)

メンズですが、マウンテンパーカーのレディース自体アウトドアショップ以外の展開が少なく、ユニクロさんを覗いてみました。Sサイズで、少々袖が長目ですが、折り返しすれば可愛く着れます。裏地がついているので着ていて冷たさや固さも感じさせず、価格の割にクオリティが高いとおもいました。生地も安っぽい感じがなく、来年また同じ価格でこのクオリティのものが出るとは限らないので1枚買っておくのも悪くないと思いました。

メンズのアイテムですが、女性にもお勧めです。

| 無印良品

「どうもユニクロはちょっと…」という方には無印良品を。毎年春と秋にリリースされ、サイズとカラーによっては売り切れもある人気のアイテムです。
デザインは非常にスッキリとし、生地は透湿撥水性を持ったものを使用。ビジネスにも対応できる一着です。

2016年SSのモデルは丈が長くなり、ショート丈のコートになりました。

9,980円(税込)

http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738276456?searchno=1

セレクトショップから選ぶなら

| FREAK'S STORE【フリークスストア】

ビームスやシップス等、主立ったセレクトショップは春と秋に必ずマウンテンパーカーリリースしています。
そんな中で定番として人気を集めているのがフリークスストアのマウンテンパーカー。
クラシック感と現代的なシルエットを上手く両立させたデザインで価格も比較的手頃。学生にオススメのモデルです。

¥19,980(税込)

※写真は2015AWモデルの「3WAY ボアライナーマウンテンパーカー」

シャツ×ニットの上に着て程よいサイズ感でした。 ※私の胸囲の実寸は82cm、肩幅の実寸は41.5cmです。 ボアライナー付きで暖かく、この冬に本命のアウターです。

アウトドアブランドから探すなら

| Columbia【コロンビア】

出典zozo.jp

アウトドアの定番ブランド「コロンビア」。そしてその定番としてリリースされ続けているのが、このモデル。
素材に防水透湿機能オムニテックを使用。雨風を防ぎつつ汗の水分を外に逃がしてくれるので着心地は快適。トレッキングや好天の登山にも対応できるジャケットです。

¥18,900(税込)

北海道在住です
雪が降るまでは自転車に乗りますが、これなら冷たい風をシャットアウト。とても気に入っています

| TNE NORTH FACE PURPLE LABEL 【ノースフェイス パープルレーベル】

ノースフェイスとナナミカのコラボライン「パープルレーベル」からリリースされている定番のマウンテンパーカー。
パープルレーベルからアウターを選ぶ際は押さえておきたい、人気のジャケットです。
生地に使用しているのはノースフェイスが70年代に開発した65/35ベイヘッドクロス。一般的に使用されるロクヨンクロスとはまた違った風合いを持っています。
シルエットは細身でショート。女性用サイズも展開しています。

¥ 36,720(税込)

1970年代初めに<THE NORTH FACE>が開発した「65/35ベイヘッドクロス」。
ポリエステル65%、コットン35%の組成で作られており、雨などの水滴を含んだ場合、速乾性を持っているポリエステル繊維が水分を蒸発させます。
また、コットン繊維は水分を含んで膨らみ、生地の強度をアップさせる事で、水分を通しにくくします。
60/40よりもギラつきが無く、しなやかな素材感が、古臭くなり過ぎない現代風の雰囲気を演出します。

| Arc'teryx【アークテリクス】

カナダのアウトドアブランド「アークテリクス」のハードシェルジャケット。アウトドア用としてオールマイティに使える性能を持っています。
生地は軽量なN40r GORE-TEX® 素材を使用。急な悪天候にも十分に対応出来ます。さらにアークテリクスならではの立体的なカッティングで、肩や腕の動きを妨げる事がありません。
軽さと収納性にも優れた、アークテリクスの定番ジャケットです。

¥35,000(税別)※公式

永遠の定番を手に入れるなら

| SIERRA DESIGNS【シエラデザイン】

マウンテンパーカーと言われて真っ先に名前が挙がるのが、シエラデザインのマウンテンパーカー。1968年にリリースされ、現在「マウンテンパーカー」と呼ばれる物の原型となったモデルです。
当時としては高機能素材だったロクヨンクロスを採用、アウトドアブームの渦中だったこともあって、アメリカで大ヒット。日本でも1975年から販売されています。
マウンテンパーカーを語る上では絶対に外せないモデルです。
¥43,000(税抜)

同価格で日本人向けのショート丈のモデルもあります。
https://www.sierradesigns.jp/products/heritage/item_02.html

1965年にアメリカでジョージ・マークスとボブ・スワンソンによってシェラネバダ山脈よりその名を取り「シェラデザイン社」は設立されました。

シェラデザイン社の創業のきっかけとなったのは、もともとアウトドア好きだったジョージ・マークスとボブ・スワンソンの2人が小さなボートに乗り沖まで出たところで急な激しい暴風雨に巻き込まれ、遭難しながらも必死で生還したという体験をした事でした。

その経験をもとに2人はアウトドアで使用する様々なグッズが人命にかかわるような事にもなってしまうという事を痛切に実感し、「命を託せる信頼」をコンセプトに自分達の手で商品開発をはじめたのです。

そして創業より3年後、「60/40マウンテンパーカー」を発表し、シェラデザインの名とその品質の良さを世界的に広める事となりました。そしてこのマウンテンパーカーは、全てのアウトドアパーカーの原型となり、アウトドアを趣味とする人々にとってはほとんど説明不要だと言えるほど有名なブランドとなりました。

1 2 3