ノーベル物理学賞の受賞が決まった梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(56)の自宅近くを通る国道41号の富山市から岐阜県高山市までの区間約90キロは、歴代のノーベル賞日本人受賞者とゆかりが深いことから「ノーベル街道」と呼ばれている。

出典ノーベル街道 今年も受賞者(2015年10月7日(水)掲載) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

梶田さんのノーベル賞受賞で注目の「ノーベル街道」とは?

ノーベル賞を受賞した日本人24人のうち、今回の梶田さんを含め5人の受賞者とゆかり があるのが、富山市から岐阜県高山市に抜ける国道41号線。その国道が「ノーベル街道」と呼ばれ注目を集めています。

このまとめを見る