1. まとめトップ

文部科学大臣馳浩についてまとめ。松井や本田と同じ星稜高校出身で元国語教諭

文部科学大臣馳浩についてまとめ。松井や本田と同じ星稜高校出身で元国語教諭

更新日: 2015年12月05日

1 お気に入り 8219 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hcheckinさん

馳 浩(はせ ひろし、旧姓:川辺、1961年5月5日)は、日本の政治家、元プロレスラー。自由民主党所属の衆議院議員(6期)で、文部科学大臣(第20代)。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問会議・顧問。富山県小矢部市生まれ、石川県金沢市育ち。
1984年のロサンゼルスオリンピック代表を経てプロレスラーとなり、新日本プロレス・全日本プロレスなどで活躍した。1995年に参議院議員に当選し政界入り。仕事を両立させていたが、2006年にプロレスラーを引退

略歴
1974年3月 - 金沢市立千坂小学校卒業
1977年3月 - 金沢市立鳴和中学校卒業
1980年3月 - 星稜高等学校卒業(同級生に北安博)
1984年3月 - 専修大学文学部卒業
1984年4月 - 母校、星稜高等学校の国語科(古典)教諭に就任
1984年7月 - ロサンゼルスオリンピックのレスリング・グレコローマンスタイルのライトヘビー級で出場、予選敗退した。
1985年8月 - 星稜高等学校を退職、ジャパンプロレスに入団
1987年 - 新日本プロレスに移籍。在籍中にIWGPジュニアヘビー級王座、IWGPタッグ王座を獲得する等活躍。道場では若手レスラーのコーチを務めた。
1995年7月 - 自由民主党幹事長の森喜朗にスカウトされ、第17回参議院議員通常選挙に石川県選挙区から自民党の推薦を受けて無所属で立候補し、民主改革連合現職の粟森喬を破り初当選する。当初は会派「自民党・自由国民会議」、2か月後に自民党総裁選で小泉純一郎の推薦人名簿に名を連ねるために 正式に自民党所属国会議員となった。

1996年1月4日 - 東京ドーム大会、新日本所属でのラストマッチ(その後、7月に金沢で1夜限りの復活)
1996年11月 - 全日本プロレスに移籍する。
2000年5月12日 - 参議院議員を辞職する。
2000年6月25日 - 第42回衆議院議員総選挙に石川1区から立候補、民主党現職の奥田建を破り当選(奥田は比例復活)。
2002年1月 - 議院運営委員会理事(議事進行係)に就任。
2003年9月25日 - 文部科学大臣政務官に就任( - 2004年9月27日)。
2003年11月9日 - 第43回衆議院議員総選挙に立候補、奥田に敗れるも比例復活で2選。
2005年9月11日 - 第44回衆議院議員総選挙に重複立候補を行わず小選挙区のみで立候補、奥田を破り3選。
2005年11月2日 - 文部科学副大臣に就任。
2006年8月27日 - 両国国技館で引退試合を行い、プロレスラーを引退。小泉純一郎から花が届いたほか、森喜朗や町村信孝、小坂憲次らも来場

2006年9月 - 自民党国会対策副委員長に就任。
2007年7月15日 - スタン・ハンセンPWF会長の勇退に伴い、第3代PWF会長に就任。
2007年8月 - 自民党副幹事長に就任。翌月に総裁が安倍晋三から福田康夫に交代後も留任。
2008年8月 - 自民党文部科学部会長に就任。
2008年9月10日 - 2008年自由民主党総裁選挙で小池百合子の推薦人になったことを理由に清和研の退会届を提出。しかし、小池が退会せずに立候補したことを理由に受理されず幹部預かりにとなり、後に返却された。
2009年8月30日 - 第45回衆議院議員総選挙で元職・奥田に敗れるも比例復活で4選。直後の2009年自由民主党総裁選挙で西村康稔推薦人(首班指名で若林正俊支持)

2012年9月の2012年自由民主党総裁選挙で町村信孝の推薦人(決選投票で安倍支持)12月16日第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で石川1区から立候補、奥田を破り5選。
2013年3月17日 - PWF会長勇退を表明(後任はドリー・ファンク・ジュニア)。
2013年9月22日 - WRESTLE-1石川大会実行委員長。
2014年12月14日 - 第47回衆議院議員総選挙に自民党公認で石川1区から立候補、6選。
2015年10月 - 文部科学大臣就任

農家の三男として生まれたが、小学3年の時に石川県金沢市の親戚の養子となった。生来の相撲好きということで、中学2年の時に友人等10名を募り正式に相撲部を設立。まわし姿で町内をランニングし、夢は卯辰山相撲場の土俵に立って闘うことでもあった。しかし高校進学と同時にレスリング部に入ったので夢は実現しなかった

馳浩文部科学大臣を分かりやすく説明すると高速戦隊ターボレンジャーの主人公たちの女教師の旦那が文部科学大臣になったんだな

今度の文科大臣の馳浩氏はプロレスラーの前は国語教師じゃなかったかな

極右だろうと何だろうと 元教師でレスリングの元五輪代表で 母校のレスリング部監督である馳浩が文部科学大臣に抜擢されるのは当たり前の話 じゃあ 畑違いの国土交通大臣にでもなればよかった? 彼は努力家だから任務をこなすだろうけどね twitter.com/Sankei_news/st…

まあ、遂に馳浩が大臣かと感慨深くもなるが、考えてみれば議員生活も20年やってるわけだし、これまでの文部科学畑での(地味だが)功績を考えれば不自然ではない訳だ。 大体、元高校の国語教師であり、「闘う国語教師」といえばファイブブラックか馳浩かっていうぐらいの存在よ。

馳浩氏は元国語(古典)の教師だとか。国立大の文学部廃止は、ぜひ阻止してほしい。 twitter.com/huffpostjapan/…

馳浩は、何で高校教師を1年で辞めでプロレスラーになったのか…

文科省大臣馳浩。「元プロレスラーが大臣になった」と書かれると可笑しく感じる人もいるけれど、「元高校教師が大臣になった」と書かれると全く可笑しくなくなる。

馳浩、プロレスラー出身初の文部科学大臣であるのだが、高校教師初の文部科学大臣という可能性は?

次の文部科学大臣の馳浩、なんと高校教師経験がある。といっても1年半だけど。ちょっとびっくり。

元プロレスファンの僕は馳浩はいたってまともな人間とみてる。レスラーと政治家掛け持ちだった頃も、リングでも国会でも曲がったことはしなかった。元教師でもあるし同じ武闘派wのひげの隊長より遥かにいいよ。 twitter.com/HuffPostJapan/…

新しい文部科学大臣になる馳浩氏に期待したい。東京オリンピックがあるからスポーツ選手だった馳氏に白羽の矢が立ったと言われているが、馳氏は元高校教師でもある。そしてあまり知られていないが教育に関してよく勉強しておられる。

馳浩氏が文部科学大臣。スポーツ界で目立っていた星稜OBですが、今度は国務大臣ですよ。ビックリです。

1 2 3