1. まとめトップ

【著作権問題】アニメやドラマのスクショ・動画・画像はブログに載せていい?

【著作権問題】アニメやドラマのスクショ・動画・画像はブログに載せていい?

更新日: 2016年11月05日

5 お気に入り 77627 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

otoku0101さん

スクリーンショットをブログ等に載せることは違法?

スクリーンショットを何気なくブログやSNSに貼り付けている人は多いと思うけど、
それが合法なのか違法なのか、法律には明記された条文がない。

スクリーンショットをブログ等に貼り付けること、そのものが違法とは明記されていない。

違法だとすれば、スクリーンショットを無断で公開した場合、
「複製権」「公衆送信権」「翻案権」の侵害となってしまう。

ただ上記の法律に抵触する恐れがある。

・「複製権」とは

複製権は、著作権法第二十一条で規定されている著作財産権です。第二十一条では「著作者は、その著作物を複製する権利を専有する」と明記されています。作品を複製してもよい、と許可できるのは本来その著作者のみなのです。

著作権を持っている者のみが、複製の許可が出来る。

自分が購入したCDやDVDを友人にコピーしてあげたり売ったりすること、これらも複製権の侵害にあたります。

購入した人には、著作権の権利がないので、複製は出来ない。

複製権の中で、複製が認められているのは、個人で楽しむ等の私的使用のためだけで録画・録音する場合は、複製権の侵害にはなりません。

※個人の利用であれば複製は可能。

・「公衆送信権」とは

”公衆送信権”とは、著作権のうち、著作物を有線無線を問わずに送信することをコントロールできる権利である。

分かりやすく言うと、テレビ・ラジオなどの電波を使う不特定多数が直接受信できるメディアを使って音楽や映像などの著作物を送信する権利は著作者・著作権者が所有しているということです。

他人の著作物を、不特定多数が見れる場所に送信すると、公衆送信権の侵害になる。簡単に説明すると、違法アップロードなどが該当する。

・「翻案権」とは

インターネット上で日記やブログ、または個人サイトで英語などで書かれた文章を許可なく翻訳し、インターネット上にアップさせる行為、これは翻訳権の侵害になります。

英語が少し分かるからといって、勝手に翻訳してアップしてしまうと、翻訳権の侵害になる。

また、とある文章を表現などもそっくりそのまま使って短い文章に縮めて表現する行為は翻案権の侵害にあたります。

但し、「引用」であれば認められている

文章を引用するのと同じで、スクリーンショットも、他サイトの一部を丸ごと引用しているといえるから、スクリーンショットの利用は「引用」に関する要件に従った方がいい。

結論を先に言うと、引用の要件を満たせば、著作者に無断でスクリーンショットを引用することは「可能」だということだ。

”引用”としての利用以外は全て著作権を侵害する事になります。

『引用』に合致しない場合は、違法になる

これらの要件のどれか1つでも満たさない場合は、「引用」とは見なされず、「転載」となってしまうというわけだ。

「無断転載」は立派な犯罪だ。このように、著作権を侵害した場合には、10年以下の懲役又は1,000万円以下の罰金に処せられる可能性がある。ついうっかり、悪気がなかったでは済まされないのだ。

引用を満たす7つの要件とは?

[1]引用する資料等は既に公表されているものであること、
[2]「公正な慣行」に合致すること、
[3]報道、批評、研究などのための「正当な範囲内」であること、
[4]引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること、
[5]カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること、
[6]引用を行う必然性があること、
[7]出所の明示が必要なこと

画像出典:YouTube/◯◯ (出典元のURLをリンク)

と言うような出典を示したうえで、全体として記事が主で、引用が従と言える関係にあり、通常の正当な慣行に反しなければ引用となります。

主従関係とは、引用する側(メディアであれば記事や文章、SNSであれば投稿)があくまでメインにあって、引用される画像は説明の補佐的/補助的なものでなければならない、ということです。

1 2