1. まとめトップ
  2. カラダ

痩せない理由は低体温・・・。あらゆる不調を克服する「温活」ってなに?

最近、体温が低い状態の「低体温」の人が増加しています。低体温になると免疫力が低下すると共に、基礎代謝も低下します。そんな悪影響の多い「低体温」を克服するためには「温活」がとっても有効!

更新日: 2016年05月03日

yasu27kさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
538 お気に入り 176887 view
お気に入り追加

最近、体温が低いという人が多いみたい

わたし一番体温低い時で 34.8℃なんやけど それより低い人っています?←

体温の低い状態は「低体温」と呼ばれています。

体温が36度以下の人は多いのではないでしょうか?

人間の身体は本来、常に36度~37度くらいを保てるようになっています。

低体温の状態になると免疫力が低下すると言われている。

低体温は通常の体温に比べると多くの悪影響があります。

低体温だと、酵素の働きが低下するため、新陳代謝が悪くなり、免疫力も低下し、病気になりやすくなります。

体温が1度下がると 免疫力が37%落ちます。代謝は12%落ちます。

代謝が悪くなるということは、もちろん痩せにくい体になる。

代謝が悪くなれば、女性が最も嫌いな「太りやすい体」を手に入れることになりかねません。

体温が低いということは、代謝が悪い、つまり、あなたの体が「太りやすい」体質に変わりつつあるということなので、要注意。

低体温は、エネルギーを消費しにくく、脂肪を燃焼しにくい、ダイエットの効率が良くない体質と言えるでしょう。

▼そんな人にオススメしたい改善方法が「温活」

体温を適正温度まで上げることで、本来持っている女子力を取り戻し、冷え性や生理痛など女性特有の悩みを改善する「温活」が話題です。

低体温だと身体のトラブルだけでなく、心の病にもつながる危険性が!?さぁ体を温めて「温活美人」になりましょう!

●そもそも温活っていったいなに?

体を温めることにより、冷えや生理痛といった女性特有の症状を改善していったり、美肌やダイエットといった美容に役立てる目的があります。

▼あなたも「温活」で低体温を克服しよう!

服などで体を温める場合は体の心を温めるように意識しましょう。

まずは体の中心から温め、全身のめぐりをよくすることから始めましょう。

防寒をするときのポイントは、生命維持にとって重要な臓器がある首や胴体部分を温めることです。

体を温める食べ物と言えばやっぱり「しょうが」

低体温の原因の一つにビタミン・ミネラル不足があると言われています。

1 2





yasu27kさん

芸能ニュースやガールズニュースを中心にまとめます!興味のある方はお気に入り登録お願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう