“軍縮会議におけるアメリカ海軍の内情はどうであったか。その当時、私はそれを詳らかにしなかったが、ワシントン会議が済んで後、その頃海軍次官をしていたシオドル・ルーズベルト・ジュニア(日露戦争のころの大統領ルーズベルトの長男)が日本にやって来た。そして私を訪ねて、互いにワシントン会議の当時を回想して打解けた話をした。”

出典幣原喜重郎 外交五十年 (中公文庫BIBLIO)/中央公論新社 名分話 第329回 ハルとグルー(10)|メモ垣露文

前へ 次へ