「欧米と比べると装置などの規模が小さく物量戦では負けるが、ゲリラ戦のように、ここがおもしろいというところに照準を合わせてよい結果が出ていて、センスのよさが現れている」と指摘します

出典ノーベル賞 素粒子物理学は日本の“お家芸” NHKニュース

梶田さんと同じ、素粒子の研究に取り組む東京大学数物連携宇宙研究機構の機構長、村山斉さんが成果を挙げ続ける日本の研究現場について語った

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

NEWS・小山に思わず本音?ノーベル賞の研究は役に立たない

7日放送の「news every.」で、NEWS・小山慶一郎の質問にノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章教授が答えに詰まる場面があり、藤井貴彦アナウンサーが「基礎研究ですと難しいと思うのですが…」とフォロー。すると梶田教授は「役立たない…」と言い始め、スタジオの面々は「いやいやいや」の大合唱となった。

このまとめを見る