1. まとめトップ

更年期の症状を緩和するサプリメント

更年期の不調や体の変化は、女性ホルモンの低下の影響のほかに、以前に比べて体が栄養を吸収する力が衰えたからかもしれません。そんな場合に試してみたいのがサプリメント。不足しがちな栄養素を効果的に補ってくれるサポーターとして、日々の不調に合わせて取り入れてみてはいかがでしょう。

更新日: 2016年08月08日

10 お気に入り 1838 view
お気に入り追加

更年期をサポートするサプリメント

更年期の不調や体の変化は、女性ホルモンの低下の影響のほかに、以前に比べて体が栄養を吸収する力が衰えたからかもしれません。不足しがちな栄養素を効果的に補ってくれるサポーターとして、日々の更年期の不調に合わせてサプリメントを取り入れてみてはいかがでしょう。

イソフラボン

●LDL(悪玉コレステロール)が高めの人
●骨粗鬆症が気になる人
●更年期の症状全般
●肌の乾燥やキメの乱れが気になる人

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きで若さと美しさをアップ

大豆イソフラボンは大豆の胚芽部分に多く尽まれるフラボノイドという、体のサビを落としてくれる抗酸化物質の一種です。

生理不順、更年期の不調などにも用いられ、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを、増やす効果、骨粗鬆症予防にもされています。

一日の推奨摂取量は30mgで豆腐なら半丁、納豆なら1パック程度。日本人女性の若々しさと美肌を支える成分として世界中で注目されています。

マカ

●ホットフラッシュ、のぼせ、発汗、ほてり
●頭痛・肩こり・腰痛
●冷え性
●生理不順、生理痛
●女性ホルモンを整える

マカの研究では更年期障害を緩和する結果が出ています。 更年期のホットフラッシュ、寝汗の症状を軽減し、膣の乾燥を防ぐことがわかっています。

マカは、甲状腺の回復や冷え性にも良い効果をあらわします。
甲状腺ホルモンは交感神経を刺激し、精神活動を活発にする働きをします。

マカサポートデラックスというマカを飲み始めたら、飲んで1週間ぐらいからほてり、寝汗の症状が出なくなりました。

マカに含まれるヨウ素が甲状腺ホルモンを活性化し、心身を元気にすると考えられます。

マカは更年期障害や生理不順、生理痛、心身の疲れやだるさを何とかしたい女性にも効果が得られる食品です。

アスタキサンチン

●シミや紫外線ダメージが気になる人
●目が疲れやすい人
●免疫力が低下している人
●元気が出ない人

鮭やイクラ、えび、かにのオレンジ色の成分で、クロレラやのりなどの仲間のヘマトコッカスという海藻から採取されたものがサプリメントに使用されます。

更年期サプリのまとめ

カロチノイド系の成分で、別名赤いビタミンと呼ばれ、ビタミンCの約6000倍、コエンザイムQ10の約800倍もの抗酸化力を持つといわれます。

アスタキサンチンは、紫外線で発生した活性酸素から肌や口を守ったり、筋肉疲労や眼精疲労を改善したり、脳の老化を抑制する効果も期待されています。

一日の推奨量は6mgで鮭の切り身2切れ、またはイクラ小さじ30杯分に相当します

コラーゲン

●関節の痛みが気になる人
●たるみやシワなど肌の衰えが気になる人
●骨粗鬆症が気になる人
●髪質が衰え、髪のボリュームが気になる人

コラーゲンで体の土台をキレイに保ち更年期を撃退

コラーゲンは「肌の土台」になる美肌成分と思う人も多いはず。
でも、じつは骨や関節、血管、髪、歯ぐき、爪などをつくるのに必要で、体令体のたんぱく質の約30%を占めています。
とくに肌では真皮層で無数の網目状の層をつくり、ハリや弾力性、しなやかさを保つといえる存在です。

コラーゲンも、30歳を過ぎたころから体内で生み出す力が落ち、コラーゲン量は減少します。
これによって、肌の衰えや血管の弾力性などが失われ、老化が進んでしまうのです。

更年期サプリの質問

鶏の手羽先、軟骨、豚足、ふかひれなどがコラーゲンを多く含む食品として有名ですがこれらの食品はカロリーが高く脂肪を多く含んでいますから、サプリメントで摂取するのもおすすめです。

ピクノジェノール

●慢性的に疲れやすい人
●月経トラブルを抱える人  
●脚のむくみや静脈瘤などが気になる人
●血圧やコレステロールが高めの人

1 2





luisvitoncocomieさん

更年期について役立つ方法をまとめています。

このまとめに参加する