1. まとめトップ

映像制作|プロジェクションマッピングに関する基礎知識まとめ(入門編)

入門者向けのプロジェクションマッピングに関する基礎知識のまとめです。

更新日: 2016年03月16日

2 お気に入り 3447 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

プロジェクションマッピングソフトや機材を揃える

映像撮影機器

広大な範囲に複数台のプロジェクターを用いて投影することを目的にするならば、素材は4k映像を用意したいところだが、それ以外の用途であればハイビジョン形式で事足りる。

映像編集加工ソフト

代表的なところでAdobe社のpremiereやaftereffects、finalcutPro、エディウス、など。

VJ(映像ミキシング)ソフト

プロジェクションマッピング機能が付帯したVJソフトもあります。modul8、grand vjなど。

プロジェクションマッピングソフト

VJソフトの機能に含まれているものから独立したソフトもあります。
ソフトの種類や値段などは、
http://matome.naver.jp/odai/2145803715064403601 こちらで詳しくまとめています。

出力装置《プロジェクター》

屋内ならば最低500ルーメンあれば暗所に狭範囲であれば可能。屋外なら5000〜20000ルーメン以上のプロジェクターがあると良い。複数台うるとなおよい。

ノートパソコン

VJソフトとプロジェクションマッピングソフトを同時に起動し、場合によってはリアルタイムでの映像加工を目的とする場合、より高い高機能なスペックが求められます。OSはMacならos 10.6以降、WindowsならVista以降、メモリ2GB以上推奨のソフトもあります。

VJソフトとプロジェクションマッピングソフトの組み合わせと使用例

最新版にはプロジェクションマッピング機能のVIDEOmapperも付帯している。入門から応用まで可能な組み合わせ。

複数台のプロジェクターでプロジェクションマッピングをする

関連サイト・まとめ

1