福島県浪江町で牧場を運営する「希望の牧場・ふくしま」は4月18日、東京電力福島第1原発事故のため、同県大熊町の帰還困難区域内に残されて野生化した牛15頭を浪江町の牧場に移送する作業を行った。

出典帰還困難区域から牛を救出:写真 :日本経済新聞

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

福島原発の悲惨すぎる現実!放射能汚染が激しい荒廃した国土

福島原発の影響で周辺が非常に激しい放射能汚染にさらされています。国土が荒廃して、福島東部は既に人間が住める場所ではなくなっています。動物たちが荒廃した土地に残されて、多くのペットや牛たちが餓死しました。

このまとめを見る