1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

suimaisuさん

そもそも『H12』って…??

2015年5月、6月
沖縄×東京公演

<キャスト〉
飯野雅彦
鏑木信三
木村帆香
Kiyoka
杉山真梨佳
高原紳輔
寺元健一郎
中村百花
山田宗一郎
山中奈美
吉田純也

<スタッフ>
企画/演出:永野拓也
脚本:御笠ノ忠次
音楽監督:奥田祐
作曲:西平士朗(沖縄)
編曲:大城清貴(沖縄)
振付:上口耕平
美術:魚住和伸
照明: 姉崎祐歩
音響:吉田早哉香
舞台監督:金山政英
映像:ワタナベカズキ
衣装:及川千春
演出助手:守屋由貴
制作:徳武詩野
プロデューサー:勝野晋一
主催:一般社団法人映画演劇文化協会

演出家 藤田俊太郎氏(第22回 読売演劇大賞 受賞)も絶賛

チケットは発売一週間で完売!
追加公演もしたらしい。
というか、御笠ノ忠次さんて、東京喰種(トーキョーグール)とか、メサイアの脚本の人だよね?
謎は深まるばかり…。

『興奮の作品』
 
 演出の、音楽の、脚本の、素晴らしいキャストの魅力が
 劇場から溢れんばかりに輝いていました。
 
 楽曲も素晴らしいですし、俳優一人一人の魅力、
 歌の力があふれた舞台に感動しました。
 
 スタッフ、キャストが一丸になってつくっているのに、
 個性が輝いている。

 笑いも歌も芝居も、切なさも。

 「H12」というミュージカルに出会えたことを幸せに思います。
 心から!

                      演出家 藤田俊太郎

読売新聞でも取り上げられたらしい

H12。 企画演出してきたものがついに明日東京でもお披露目! 一足先に読売新聞でも掲載していただきましたー。 pic.twitter.com/qPrq7vcYOF

あっ、エンターミナルにも記事が!

今日は『H12』観劇。脚本家の方は相当人間観察がお好きな方なんだろうな。かなり振り切った登場人物たちなのですが、恋愛あるあるがたくさん入っていてリアルなんです。笑って、感じて、ホロリとする。テンポ良く、音楽も素敵。そしてそんな力強い脚本に負けない演出&キャストのみなさんにも拍手!

PVみっけた!!

twitterでの反応

One on One代表の浅井さんもツイートしてる〜

テラこと寺元君が出演しているH12を観にd倉庫へ。 Astronomer以来! この時期だし、テラだし(笑) とっても楽しいラブコメミュージカルでした! あー。 カップル、恋愛もの書きたいなー。 そういや前に空想組曲の舞台見た時も思った! ラブっていいですよね。 世界共通語!

twitterで検索かけたら感想沢山あったw(*゚o゚*)w

H12最高だった! 全員好きになった。 大笑いしたと思ったら歌も歌詞も良くて、沁みて泣いた。 またみたい。 ただ、キャストがホワイトコーデなのを忘れてて白×白コーデをしてしまった私は始まった瞬間に1人恥ずかしくなってしまった(笑) pic.twitter.com/uqCNhu6FQw

H12という舞台で、面白かっぁ。 高原紳輔さんにサインまで頂いちゃいました( ´ ▽ ` ) 30代って言葉は胸に直撃しましたが… 彼のキャラも際立ってて(笑) 暗い気持ちも吹き飛ぶ素敵な舞台でした!良い勉強になりました! by紺 pic.twitter.com/r7XRrukCug

[H12]「色々な出逢い」のお話だったのだけれど、ほうほうと感心する事や胸にダイレクトに刺さる痛い言葉もあったりで小劇場の良さを体感したお芝居でした。曲も歌い手にとても合っていて且つ歌の上手い人達の感情の乗せ方に笑ったり泣いたり出来る作品だなあと思いました。カニ。

[H12]ロック・リーみたいな髪型で出てきた飯野さんは完全に出オチだったけれど、良いお父さん役で微笑ましかったし娘役の人も可愛いし歌上手いしで、と!い!う!か!!女性キャストが全員可愛らしくて美人で歌が上手くてとても素晴らしかった!!!!ハレルヤ!!!

昨日今日と、寺元健一郎さんが、出演されているH12を観てきました! とても、面白かったです。 寺元くんの歌声サイコー

d倉庫でH12を観劇。いつもいろんな舞台で観ているキャストさんが、今まで観たことないようなキャラで弾けていて楽しかった!!男女、夫婦のいろいろだから共感できる何かがある人も無い人も(笑)楽しめる作品かな。全部生演奏ってわけじゃ無いのね〜(笑)

@sirohakusho @totrundgren @hicopro 全部観るけど…(笑)DVDも欲しいです‼ 沖縄から帰って来てから、H12のいろんなシーンが脳内にて上演中です 東京公演が待ち遠しいです♪

昨日、タイムスホールで観たミュージカル「H12」の脚本を書いた御笠ノ忠次さんは、D-BOYS STAGE 10th『淋しいマグネット』の上演台本を書いた方だった。 登場人物一人ひとりのキャラクターが際立っていて面白かった。 男性キャストの身体能力と女性キャストの歌唱力が凄かった。

ぎゃぁぁぁぁぁあ!!!!ヒコプロすげえええええええ!!!!!!!!!めっちゃよかった!!!!無理矢理みに来てよかった!!!!!!

ヒコプロえげつなかったぜ!舞台見ると毎回モチベーション上がるよね!!!!最高よね!

ヒコプロ2回観たんだけど、役者が変わるだけでこんなに変わるのかってなった。なぞ過ぎる。役者が変わっただけって言えばそれまでなんだけど、役者が変われば作品が変わる原則がわからない。台本も曲も照明も映像も一緒なのにあーも変わるのか。空気感が全然違かった。なんでだろ。

H12わず。キャストの皆様の個性豊かさ、脚本の言葉のチョイス、音楽がすごーく良い!いっぱい笑って、ちょっとほろりとして、良い時間を過ごせました。ちょっと苦手なトコもあったけど、それも必要だと納得出来た。 出会わせてもらった事に感謝☆ pic.twitter.com/Q3cfMrOBs4

この作品のことを聞いた時には「へ~、面白そうだね」と軽い気持ちでチケットを頼んだのだけど、あっと言う間にチケット完売。補助席どころか、階段席まで(@_@)素敵な作品は、こうやって浸透していくのですね。『H12』は、また観たい作品。そして、ぜひ観てほしい作品☆☆☆☆☆

1 2