1. まとめトップ

あれ? 毎日洗っているのに髪の毛がべたつく その原因って

毎日きれいに髪の毛を洗っているのにべたつくことないでしょうか?夕方ごろからで始めて帰宅するときには、べとべとという感じでとっても憂鬱になりますね原因はさまざまですが、実はシャンプーのやりすぎかもしれないのです

更新日: 2015年10月12日

9 お気に入り 115999 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

taiyo-7188さん

◆髪の毛がべたつく

朝や昼間はサラサラしていたのに16時とかになるとしっとりしてきて、決まって髪が束になってしまったり、前髪が分裂

髪の毛がべたつく→過剰に洗う、この繰り返しでなかなか髪の毛のべたつきから抜けられない方も多いかもしれません

◆なぜべたつく

髪の毛がベタベタとするのは、頭から分泌された皮脂が原因。元々、頭には多くの皮脂線が集まっており、油っぽい皮脂をどんどん分泌しています。その量はなんと、Tゾーンの3倍。

毎日髪を洗うことで頭皮の油を減らすことができると考えている人もいるかもしれませんが、実は逆なのです。髪を洗いすぎると頭皮は乾燥します

過剰なシャンプーはかえって皮脂が不足し、頭皮は乾燥を防ぐために一層皮脂の分泌を増やそうとします

夜は洗髪をせずに朝会社に行く前に洗髪をするという方も多くなりましたが、これは皮脂の分泌を増やし、頭皮がべたつく要因の一つになっているかもしれません

◆サラサラにするには

●湯船

①まずはシャンプーから・・・最初は髪についた埃を落とすためのシャンプーを行います。シャンプーの量は通常の半分でOK。
②湯船で頭をつけ置きする・・・①の後、良くすすいでから湯船に頭を鎮めて約5分ほど置きます。毛穴から汚れが浮き出てきます。
③再びシャンプーをする・・・仕上げは指のあらで頭皮をしっかりと洗っていきます。半分のシャンプー量で汚れが簡単に落とせます

●シャンプーは1日に1回

シャンプーは基本的に1日に1回でOKです。そしてタイミングとしては1日にたまった汚れを一気に洗い流せる夜がベスト

シャンプーする前とあと、お湯で髪の生え際根元をしっかり洗い流すことが大切。シャンプーしなくてもお湯洗いでほとんどの汚れや皮質が洗い流せるそう

もし・・・

1日に2回以上シャンプーする場合はどちらもツーシャンしたりせず、どちらかは軽めにすすぐ程度にした方が良い

●ペーパータオル

今すぐにべたつきをどうにかしたい!という場合には、ペーパータオルで頭皮をふきましょう。ペーパータオルは揚げ物の油きりにも使われるほど吸油性、吸湿性に優れています。エレガントな方法ではないですが、緊急時には試してみたいアイディア

●食べ物

頭皮や髪が脂っぽく感じるのは、食べ物が原因かも?ごはんやパン、お菓子類、揚げ物などを多くとると余分なものが中性脂肪として体内に蓄えられることに。毎日の食事に山芋や海藻、ネバネバ系のオクラも取り入れて腸をデトックスしてみましょう

ケーキやチョコレートなど脂質と糖質の高い甘いものを頻繁に食べている人も同じことが起こるので注意が必要

●トリートメントをつける場所

根元の健康な、出来たてな髪にトリートメントは必要ありません。トリートメントが必要なのは髪の半分から毛先。根元につけてしまうと髪のべたつきになるばかりか、毛穴に詰まって髪が細くなったり、薄毛の原因に

●シャンプーの見直し

現代人の髪にうるおいを与えるために市販のシャンプーにはうるおい成分が 多く配合されています。つまり、髪があまり傷んでいない人がうるおい成分たっぷりのシャンプーやトリートメントを 使うとべたついてしまいます

1 2