1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

ロシアで少子化問題が解決されつつある(中略)「母親資本」(中略)「子供を2人産んだ家族は、大金がもらえる」という制度。導入されたのは07年ですが、当時「平均年収の2倍分もらえる」という話だった。日本の感覚でいうと、「子供2人産んだら800万円もらえる」(中略)「用途」が決まっている。主に、

・住宅関係(住宅の購入、修繕など)

・教育関係(子供の教育費)

2015年度の「母親資本額」を見ると、45万ルーブルでした。これって、日本円で「90万円」程度です。

「90万円もらえるのなら、子供2人産むわ!」

日本人の感覚では、ちょっと想像できないですね。それで私は長年、「母親資本」なんて効いてないと思っていた。しかし、実際出生率は上がっているわけで、「なんなんだろう?」と疑問に思っていたのです。
ところが最近、「モスクワから300キロ離れたところに家を買った」という人に会い、考えが変わりました。「300キロ」というとめちゃくちゃ遠く感じますが、ロシアは国土が広大。日本人の「300キロ」とは感覚が違います。

「で、いくらしたの?」と私は聞きました。「40万ルーブル」(80万円!!!)

1